80年代テレビっ子のツボにはまる「内輪ネタ」満載!!『石橋貴明のたいむとんねる』が見逃せない(夕刊フジ)

【TV視てますか?】

 “○○世代”といえば「松坂世代」が代表的。1980年度生まれの松坂大輔投手と同学年のプロ野球選手を指す。今季の松坂の“復活劇”は、とりわけ同世代の男たち(30代後半)を大いに鼓舞しているに違いない。

 テレビの世界の“○○世代”は? 真っ先に浮かぶのが「とんねるず世代」。でも、これは「石橋貴明と木梨憲武(61年度生まれ)と同学年のお笑いタレント」という狭い“くくり”では決してない。

 フジテレビで4月から月曜夜11時に放送されているトークバラエティー『石橋貴明のたいむとんねる』。石橋とMCコンビを組むミッツ・マングローブは石橋より1回り年下の43歳だが「ドンピシャ、とんねるず世代」とコメントしている。

 ミッツがまだ5歳の80年に結成されたとんねるずは80年代、フジの『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』で一気に超人気者に。それからの過程をリアルタイムで目撃し、いっしょに楽しんだテレビっ子全員が「とんねるず世代」ということではないのかな。

 オヤジはもうちょっと上の世代だが、元祖テレビっ子を自称するにやぶさかではない。なので、その芸風、なかでも彼らが得意とする「内輪ネタ」は大好物。『石橋貴明のたいむとんねる』は、その「内輪ネタ」がてんこ盛りだから見逃せない。

 最もわが意を得たりだったのは、石橋より4歳年下の爆笑問題、太田光がゲスト出演した回だ。かなりのテレビっ子だった太田は、とんねるずがテレビに出始めたごくごく初期のコントに言及。石橋に「よっく覚えてるねぇ」と感心されて、子供のように喜んでいた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメント