「相場形成は大企業の責務」 金属労協議長、トヨタのベア非公表批判(産経新聞)

主要製造業の産業別労働組合でつくる全日本金属産業労働組合協議会(金属労協)の高倉明議長(自動車総連会長)は21日の会見で、平成30年春闘におけるトヨタ自動車の対応を批判した。トヨタは賃金水準を引き上げるベースアップ(ベア)の具体額を非公表としたが、高倉氏は「(公表による)賃上げの相場形成と波及は大企業の社会的責務だ」と指摘した。しかしトヨタは今後も非公表を続けたい考えを示しており、31年春闘で火種となることは避けられない。

 高倉氏は30年春闘の評価と課題を説明する記者会見で、「大手の賃上げ額がマクロレベルで成果配分の重要な物差しになっている」と公表の必要性を強調。「このような事象(非公表)が来年も続くとすると大きな問題だ」とくぎを刺した。

 トヨタの経営側は3月、30年春闘交渉の回答を「正社員だけでなく、定年後再雇用者、期間従業員も含めた全組合員の昇給率3・3%」とした。労組側が「月額3千円」を要求していた一般組合員(正社員)のベアについては、「前年の1300円は上回る」ことだけを公表した。

 トヨタは非公表の理由について、同社本社のベア水準が伝わるとグループ会社や取引先がそれより少ない額で妥結する慣例があると説明。ベア公表が「各社の労使の真剣な話し合いを阻害している」と主張していた。正社員以外に手厚く配分し、格差是正も進めるともし、春闘のあり方に一石を投じた形だった。

 しかし、労組側はこれまでベアに相当する賃金改善分の獲得を最重視。具体額を成果として組合員に示してきた。トヨタに追随する企業が増えれば各労組の「共闘」は難しく、春闘の存在意義すら問われかねない。高倉氏は「トヨタの労組が経営側と論議をする。上部団体としてもバックアップしたい」と述べ、トヨタの方針転換を目指す考えだ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD