おはぎを、お彼岸にそなえるけど おはぎとぼたもちのちがいは?

未分類

おはぎ
お彼岸に、おはぎをそなえますが、

そもそもお彼岸って、いつのことなの?

またおはぎとぼたもちの違いってなに?

今更ひとに聞けないことを、調べてみました。

おはぎをお彼岸にそなえる理由

お彼岸は、日本独特の仏教行事で、

お墓参り・法要などで、ご先祖様に感謝し思いをはせる日となっています。

おはぎはもとは、もち米と小豆を炊いたもので作られていました。

小豆の赤い色には邪気を払う効果があり、

魔除けの意味もありお供えに使われてきました。

邪気を払うお供えとして、先祖の供養のさいに使われるようになったのが、

お彼岸におはぎを食べる習慣が出来上がった理由のようです。

昔は砂糖も高価で、魔除け効果のある小豆を使ったおはぎを、

大切な節目のお彼岸にお供えにする様になったものとおもわれます。

おはぎ・ぼたもちの違い

萩
結果から言いますと、同じ物だと言えます。

一番一般的な分け方は、春のものを「ぼたもち」・秋のものを「おはぎ」と呼ぶものです。

見た目から、赤い色から春は「ぼたん」・秋は「萩」にみたて

そうよばれるようになったと言うものです。

また,つぶあんのものを「おはぎ」・こしあんのものを「ぼたもち」と呼んだり

(逆の地方もあるようです。)

中の米の状態でわけていたり地方で様々できまりはないようです。

牡丹

また、夏のものは「夜船」・冬の物は「北窓」とよぶそうです。

こちらは、餅なのに搗ていないと言うところからの言葉遊びからきているようです。

お彼岸とはいつを言うの

お彼岸は、春分の日・秋分の日とその前後の3日をあわせた七日間を言います。

春分の日・秋分の日を悲願の中日と言い、

お彼岸の入る日を「彼岸のいり」・お彼岸の終わる日を「彼岸の明け」といいます。

まとめ

同じものを、季節により呼び方を替えるのは、

四季のある日本人の豊かな感性故だとおもいます。

この豊かな感性と、ご先祖・故人を偲び敬う気持ちを、

大切に忘れずにいたいものです。

コメント