中国が頭を痛める、日本の10倍スゴイ「モンスターペアレント問題」(現代ビジネス)

近年、スマホの普及やチャットソフトの発達によって、複数の人たちの間での情報共有が飛躍的にラクになった。これは仕事のチームや趣味のサークルなどに限らず、例えば保育園のママ友グループや小学校のPTAメンバーのグループなども同様だろう。

 学校の宿題や配布物についての保護者同士での確認や、イベントごとの役割分担などは、LINEのグループを作ってその内部でやってしまうほうが手っ取り早い。

 これは中国でも同様だ……というより、中国のほうがこの文化は盛んである。

 中国の都市部のスマホ普及率は9割以上に達し、テンセント社が提供するユーザー数9億人のチャットアプリ『微信(ウィーチャット)』や、同じく『QQ』などは、生活上で欠かせないインフラと化している。日本では20~40代でも、LINEを使っていない人が結構いるが、中国の就労年齢層の大人でこれらを使わない人はほぼいない。

 ゆえに、例えば子どもが小学校に通っている場合、「家長群」(保護者グループ)への参加はほぼ義務だ。両親のいずれかもしくは両方、さらに祖父母が加入しているケースもある。

 しかも中国だと、教師もこのグループに入っている。中国では小学校から科目別に先生が違うケースもあるのだが、いずれの先生もこれに加入しているのが一般的だ。ゆえに、関係者が多いせいで1クラスあたりの「家長群」のメンバーが100人近くに及んでいるケースも決して珍しくない。

 だが、保護者同士、もしくは保護者と教師という、ただでさえもお互いの人間関係が難しい人たちが、100人近くもスマホで24時間お互いに接触し合って大丈夫なのか――? 当然ながら、いろんなトラブルが起きるわけである。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD