明治維新に「黒糖地獄」の影 NHK「西郷どん」描いた意義(朝日新聞デジタル)

NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、西郷隆盛が流された奄美大島を舞台にしたエピソードを4週かけて描いた。今後も沖永良部(おきのえらぶ)島など奄美の島々が登場する。西郷が目にしたのは、サトウキビ栽培を強制されて薩摩藩に収奪される島民たちだ。明治維新から150年のいま、「黒糖地獄」とまで称された植民地的圧政を描く意義とは。
 奄美大島の暮らしが始まった放送回で話題になったのは、現地の言葉をすべて字幕で解説したことだ。「異世界に来た感じを出した」と制作統括の桜井賢さんは語る。薩摩藩は17世紀初頭に武力で奄美を支配下に置いた。……
本文:1,083文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD