【歌丸さんを悼む】原点は終戦直後の焼け野原で聴いたラジオと笑い声(スポニチアネックス)

◇桂歌丸さん死去

 最近の高座では、歌丸師匠の鼻にはいつもチューブが付いていた。客席からは分からないように、背中越しには医療用酸素ボンベがあった。舞台袖から中央に歩くのもままならず、高座に上がるときは人の手を借りた。

 「そんな苦しい思いまでしてなぜ?」と尋ねると「噺家ですからね」と事もなげに言う。私が怪訝(けげん)な顔をしていたのか、優しく諭すように「これが私の生業(なりわい)。だから、どんなに苦しくても生きてる限り続けないといけないんです」と続けた。

 原点は終戦直後。「ラジオから落語と笑い声が流れてきたんです。周りは焼け野原。こんな状況で人を笑わせるなんて凄い!と雷に打たれたような気持ちになりました」

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD