平愛梨 「輪を作ってくれた」日本代表に感謝 夫・長友との再会「心待ち」(スポニチアネックス)

サッカー日本代表DF長友佑都(31=ガラタサライ)の妻でタレントの平愛梨(33)が3日、自身のインスタグラムを更新し、サッカーW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに惜しくも2―3で敗れた日本代表への感謝をつづった。

【写真】前半、ボールをトラップする長友

 平は夫と同じ背番号「5」の日本代表のユニフォームの画像を投稿し、「一生残しておきたい記憶!日本中を熱くしてくれた!普段手と手を触れない人を引き寄せてくれた!輪を作ってくれた!4年間という月日がどれほど大切で濃いものかを代表の皆さんが教えてくれた!」と興奮。「目に焼き付いた2018年W杯でした!感動をありがとうございました」と感謝した。

 さらにこの投稿に「バンビーノ」「papaに」「会えるよ」「嬉しいね」「心待ち」とハッシュタグをつけ、夫との再会を心待ちにしていた。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD