井上苑子、今年も『いのうえ夏祭り』開催 SHESとのセッションにファンとの微笑ましい交流も(エキサイトミュージック)

シンガーソングライターの井上苑子が、昨日7月22日(日)、東京・新木場STUDIO COASTにて自身主催のイベント『いのうえ夏祭り2018』を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

昨年に続き、2度目の開催となる今回も、正午から会場の屋外を開放し、サブステージでのアコースティックミニライブや、本人プロデュースのフードエリアなど充実の内容が用意され、10代を中心に約2,000人詰め掛けた。

メインイベントのライブは夕方からスタート。「いのうえ夏祭り」と書かれたネオンとランタンがステージを異国緒漂う雰囲気に会場を照らし出し、客席中央には矢倉が設けられ、いよいよ夏祭り本編が4人組ピアノロックバンドSHESから幕を開ける。「SHESの井上です。苑子とは親戚です」と井上竜馬(Vo)がMCで語ると会場からどよめきが起こり、すかさず「そんなわけないでしょう(笑)。でも同じ大阪府吹田市出身なのでほぼ親戚みたいなものです」と言って井上苑子を呼び込むと、今回井上苑子が初パーソナリティを務めたニッポン放送の『オールナイトニッポン0』で彼らの「Tonight」をオンエアしたことから、この楽曲をコラボすることに。冒頭からSHESの熱いパフォーマンスに温まっていた超満員の観客も、「Tonight」のレアなコラボに大感激してしっとり聴き入っていた。その後「C.K.C.S.」「Over You」でさらに会場を盛り上げ、井上苑子へバトンを渡した。

この日のために用意した衣装に身を包み、「行くぞー!」という掛け声で会場のボルテージを一気に高めて「リメンバー」「グッデイ」「My Dear One」とアップテンポなナンバーで畳みかけ、「いのうえ夏祭りへようこそ! 私自身もすごく楽しんでいますが、ここからもっと盛り上がっていきましょう!」とステージ中央に設置された矢倉へ駆け上り「TODAY」を披露。

その後のMCでファンに夏休みの予定を問いかけた井上苑子だが、ファンから「そんちゃんは何をするの?」と逆質問。すかさず「水着を2着買ったので、夏はプールに行きたい!」と答えるところがファンとの距離感が近い井上苑子らしくて微笑ましい。「私は夏の曲が結構多くて、次の曲はそんな夏を感じさせてくれる曲。この曲で井上苑子を知ってくれた人も多いんじゃないかな?」とメジャーデビュー曲の「大切な君へ」を披露し大きなミラーボールの光が会場を照らし出した。

ライブ終盤、「SHESさんの音楽がすごく好きで先ほどコラボさせていただきましたが、今度は私の曲を一緒にコラボさせていただきます」と井上竜馬を呼び込み、「ワンシーン」を披露。「もうそろそろ終わりの時間が近づいてきていますが、今日のために長い時間をかけて準備してきました。最後まで盛り上がっていきましょう!」と「エール」「線香花火」「青とオレンジ」で最高潮の盛り上がりをみせて本編を締めくくった。

アンコールを待つ暗転した会場のスクリーンに、「重大発表!」の文字が映し出されると、11月にシングルリリース、冬ツアーの開催決定、24日から47都道府県インスタライブツアースタートと立て続けの発表にファンから歓喜の声が上がったところで、赤い浴衣に着替えた井上苑子が再び登場。ラスト曲「君がいればOK!~サマサマキュンキュン大作戦~」をSHE’Sのメンバーも参加して会場を駆け巡り、大盛況のうちに『いのうえ夏祭り2018』は終了した。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

コメント