Instagramが日本でもショッピング機能を搭載、その活用法と期待される効果は?(ITmedia マーケティング)

株式会社Catch the Webの「THE ESSENCE」反応率・成約率が劇的にUPした本質のWEBライティング 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社Catch the Webの
「THE ESSENCE」反応率・成約率が劇的にUPした本質のWEBライティングについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:スーザン・ローズ氏

Facebook傘下のInstagramは2018年6月5日、写真共有SNS「Instagram」のフィード投稿から商品を購入できる「ショッピング機能」を日本国内で開始。東京都内で記者発表会を実施した。

フィード投稿のショッピングアイコンをタップ(左)すると商品にタグが表示される(右)《クリックで拡大》

 ショッピング機能は、企業やブランドが運営するビジネスアカウントがフィードに投稿する画像に、商品名や価格が記載されるタグを付けることができるようにするもの。ユーザーがそれをタップすることで、製品の購入に誘導することができる。

 ブランディングからコンバージョンまで、これまでもマーケティングファネルの各フェーズをカバーしてきたInstagramが、購入という最も肝心なポイントを押さえにきたといえそうだ。

●ショッピング機能の概要

 Instagramにおけるショッピングは、フィードに流れてきた投稿の左下に表示されるボタンをタップすることから始まる。ボタンをタップすると、商品の名称や価格が画像上にタグとして表示され、そのタグをタップするとさらに詳しい情報を見られる。「購入する」ボタンをタップすれば外部のECサイトへと遷移するという仕組みだ。

 また、ビジネスプロフィールの「ショップ」ボタンをタップすることによって、カタログのように商品一覧を見ることもできる。

●Instagramではビジネスも重要なコミュニティーの1つ

 同機能は、既に2017年3月に米国において導入を開始している。しかし、Instagramで製品マーケティングディレクターを務めるスーザン・ローズ氏によると、Instagramは米国以外のユーザーが80%以上を占めており、重要なマーケットの1つと位置付ける日本でのローンチが本格展開のスタートということになるようだ。

 「日本国内の5人に1人が朝起きてすぐInstagramをチェックする習性があり、さらに頻繁にInstagramを見る傾向にある。検索機能の利用も活発で、ハッシュタグによる検索がグローバルと比較して約3倍も多い。検索した後に何らかのアクションを起こすユーザーは42%にも上る。日本の皆さんは興味・関心でつながるだけでなく、新しく何かを発見するプラットフォームとしてInstagramを活用している」と、ローズ氏は日本市場のポテンシャルの高さについて言及した。

 Instagramではこれまでも、電話やメッセージ、チケット購入や予約ができるアクションボタンをプロフィールに追加できる「ビジネスプロフィール」など、企業やブランド向けのさまざまな機能を提供してきた。また、自らのアカウントの反応を確認できる「インサイト」や、エンゲージメントが高かった投稿をそのまま広告として出稿できる「投稿の宣伝」などをモバイル機器から使えるようにし、運用しやすいUIにも工夫を施している。

 ビジネスプロフィールを訪れる1日当たりのユーザー数は2億。ビジネスアカウントをフォローしているユーザーは全ユーザーの80%を占める。しかし、ビジネスプロフィールを訪れるユーザーのうち、そのアカウントをフォローしていない人の割合は3分の2にも上るという。つまり、Instagramのユーザーは、フォローだけでなく、検索や友人同士のつながりからビジネスプロフィールに到達しているということになる。こうしたことからローズ氏は「Instagramではビジネスも重要なコミュニティーの1つ」と強調する。

 またローズ氏は、国内においてビジネスアカウントの3分の1以上が毎日電話やダイレクトメッセージでユーザーと交流していることにも触れ、Instagramがビジュアルコミュニケーションだけでなく、ビジネスとコミュニティーのつながりを促進するプラットフォームとして定着していると語った。

●ベイクルーズ、I-ne、GMOペパボが語るショッピング機能の効果と賢い活用法

 ショッピング機能の正式提供に当たり、Instagramは数週間ほど国内でテストを行ってきた。日本でテストパートナーとなったのは「Baycrews(@baycrews)」「BOTANIST(@botanist_official)」「creema(@creemajp)」「Gilt Japan(@giltjapan)」「minne(@minne_official)」「ZOZOTOWN(@zozotown_official)」の6ブランド。このうちBaycrewsを運営するベイクルーズ デジタルコミュニケーション Sec.馬來 真知子氏、BOTANISTを運営するI-ne BOTANIST ECセールス部 部長 小松 悠氏、minneを運営するGMOペパボminne事業部 事業部長 阿部雅幸氏が登壇し、ショッピング機能の感想を語った。

 馬來氏は、「自社のECサイトには載せていないアザーカットをInstagramに載せている。Instagramで反応の良かったものを広告にするなど、相互に活用を進めている」と、Instagramの活用法を述べた。ショッピング機能について問われた小松氏は、「1週間ほどのテスト期間だったがCTRが類を見ないほど高かった。このまま波に乗っていきたい」と期待を寄せた。阿部氏は、ハンドメイドマ-ケットの「minne」で手作りのアイテムを販売している作家がショッピング機能を利用できるよう、サポートツールの提供を始めたことを公表した。3社ともInstagramのブランディングへの活用とシームレスなショッピング体験について大きな可能性を感じているようだ。

 今回の発表と併せて紹介されたグローバルにおけるInstagramのDAU(デイリーアクティブユーザー)数は5億。日本国内におけるDAU数は2000万と、どちらも増加傾向にある。また「Instagram Stories」機能においては、グローバルのデイリーアクティブアカウント数が3億(データは全て2017年9月時点のもの)と、こちらも目覚ましい成長を遂げている。

 個人情報の不正利用問題に揺れるFacebookだが、Instagramはその影響を受けることなく支持されている。ビジネスへの取り組みも順調で、今回のショッピング機能も、Instagramを情報インフラとする若者、とりわけ20~30代の女性に受け入れられれば、さらなる成長をドライブすることになりそうだ。

●寄稿者紹介

鈴木朋子

すずき・ともこ ITライター。iPhoneの日本発売以来、SNSやアプリなどスマートフォンを主軸にしたサービスを追っており、書籍や雑誌、Webに多くの記事を執筆している。スマホネイティブと呼ばれる十代のIT文化にも詳しい。著書に『今すぐ使えるかんたん文庫 LINE&Facebook&Twitter基本&活用ワザ』(技術評論社)など。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメント