AWS、経済的なバースト可能パフォーマンスインスタンス「T3」を開始(@IT)

株式会社天空の生命保険アフィリエイトサイト向け記事テンプレートと図解セットパックby広告素材.COMインフォトップ出張所 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社天空の
生命保険アフィリエイトサイト向け記事テンプレートと図解セットパックby広告素材.COMインフォトップ出張所について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:T3インスタンスの7つのモデル

Amazon Web Services(AWS)は2018年8月21日(米国時間)、アジアパシフィック(東京)を含む12のリージョンで「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」に「T3」インスタンスを提供開始したと発表した。

 T3は汎用インスタンス。オンデマンド料金が0.0052ドル/時間(3796ドル/月)からであり、従来の「T2」インスタンスより費用対効果が高い。AWSによれば現在、「M4」や「M5」インスタンスでワークロードを実行しているものの、コンピュートパワーを持続的には必要としていない場合、T3インスタンスへの移行を検討するとよいという。

 T3インスタンスでは、「無制限バースト」がデフォルトで有効になっており、従来のインスタンスより使いやすい。つまり、非常に低いコストでワークロードをホストしながら、必要な場合には持続可能な高パフォーマンスを引き出すことができる。

 T1やT2の場合と同様に、T3インスタンスではベースライン処理能力が保証されており、より多くの処理能力が必要になった場合、必要な時間にわたって、完全なコアパフォーマンスに透過的にスケールアップできる。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメント