Windows 10の電源メニューに「休止状態」を表示する(@IT)

アフィリエイトで稼ぐためのコピーライティング教材 マジカルライティング【完全版】の口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:Windows 10のデフォルトの[電源メニュー] 「休止状態」という項目は表示されない

対象:Windows 10

 移動する際など、ノートPCの電源をオフ(シャットダウン)にせず、スリープにしておき、すぐに使えるようにしている人も多いことだろう。しかし、スリープではメモリなどに少なからず電流が流れており、バッテリーが消費されてしまう。長時間スリープ状態にしていたら、いつの間にかバッテリーがなくなり、電源が切れていたなどという経験もあるのではないだろうか。その場合、スリープ中のディスクに保存されていないデータなどが失われてしまうことになる。

【画像:コマンドで「休止状態」を有効化する方法】

 Windows 10では、デフォルトで「ハイブリッドスリープ」が有効になっており、メモリの内容などがディスクにも保存される。そのため、もしスリープ中にバッテリーがなくなるなどしても、作業中のデータはディスクから復帰できる(ハイブリッドスリープ機能はWindows 7から実装されている)。

 それでも、ある程度長い時間移動するなどの場合、バッテリーの消費を抑えるため、スリープ状態ではなく、休止状態(メモリの内容などをディスクに保存し、電源オフと同程度のバッテリー消費にする状態)にしたいこともあるだろう。

 しかし、Windows 10の[電源メニュー]([電源]ボタンをクリックして表示されるメニュー)には、「スリープ」「再起動」「シャットダウン」の3つしか表示されず、デフォルト設定では「休止状態」がない。このような場合、以下の方法で「休止状態」を有効化すればよい。

いま、話題になっている・・・
アフィリエイトで稼ぐためのコピーライティング教材 マジカルライティング【完全版】をご存知ですか?

その効果についてもですが、
石田 保智さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

コメント