消えた「宮型霊きゅう車」の代わりに、葬儀業界で「つながるクルマ」が主流になる?(ITmedia ビジネスオンライン)

神谷式カメラ転売コンサルの効果が気になる!体験ブログの口コミ

神谷 良さんが出してる神谷式カメラ転売コンサルが注目されてて
私も気になってます。(^^)ゞ

ただ、ちょっと口コミとかが
ヤラセっぽく感じるくらい大げさなような・・・

出典元:めっきり見なくなった「宮型霊きゅう車」

「霊きゅう車を見掛けたら、親指を隠す」――。そんな言い伝えが広く知られていたのも今は昔。車体の後ろ半分をみこしのように飾り立てた「宮型霊きゅう車」は、近年めっきり見かけなくなった。

【霊きゅう車に改造された新型「クラウン」】

 大正期から100年以上にわたって使われ、宮大工によって伝統的な細工が施された宮型霊きゅう車が姿を消したのは、2010年前後。その後は、普通の乗用車に見える「バン型」「洋型」が多く使われている。

 17年1月には、宮型霊きゅう車製造の草分けとして知られた1920年(大正9年)創業のセガワ(大阪市)が1億円の負債を抱えて破産する出来事もあった。

 国土交通省の調査によると、17年3月現在、国内の運送事業者が保有する霊きゅう車の総数は1万5604台。宮型の台数は一部で800台程度と報じられていたが、現状を国交省や自動車検査登録協会、全国霊柩自動車協会に問い合わせても「宮型がいま、全国にどの程度残っているかは分かりかねる」との回答だった。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

コメント