(世界発2018)米の首都、追われる黒人 かつて7割超の「チョコレートシティー」(朝日新聞デジタル)

米国の首都ワシントンはかつて黒人住民が大半を占め、「チョコレートシティー」と呼ばれた街でもある。ホワイトハウスから車で5分ほど走ると、街の風景が一変する。(ワシントン=五十嵐大介)

 ■再開発「家賃高く住めぬ」
 クレーンが乱立する中心街を抜け、アナコスティア川を渡ると、低所得の黒人が多く住むバリーファーム地区だ。1940年代に建てられた集合住宅が並ぶ。扉の多くに板が打ち付けられ、白いペンで「くたばれトランプ」と書かれた落書きが見える。
 「当局は我々を追い出そうとしている」。この住宅で暮らすディトリス・ベルトさん(33)が話す。……
本文:2,325文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD