(社説)政府予算編成―「補正回し」の悪弊絶て(朝日新聞デジタル)

女性のパワーストーンアフィリエイト向け記事テンプレートby広告素材.COMインフォトップ出張所をつくった株式会社天空の真実!ネタバレとレビュー

株式会社天空さんがつくった
女性のパワーストーンアフィリエイト向け記事テンプレートby広告素材.COMインフォトップ出張所がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

政府の予算編成作業で数十年来続いてきた悪弊と、決別するときではないか。
 当初予算は歳出をできるだけ抑え、入りきらない分には、しばりの緩い補正予算でお金をつける。「補正回し」と呼ばれる手法のことだ。査定をする財務省が要求する各省庁と相談して、調整している。
 高齢化で、当初予算は政策にかけるお金の半分近くを社会保障費が占め、融通がきかない。国の借金が膨らむなか、せめて注目を集める当初予算では、財政規律を守っているように見せたくもある。そうした政府側の都合で毎年繰り返されてきた。
 そもそも、補正予算は財政法29条で「(当初)予算作成後に生じた事由に基づき特に緊要となった経費」などに限る、と定められた臨時の対応だ。……
本文:981文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメント