(風 ロンドンから)劇作家が問う、天皇制への姿勢 石合力(朝日新聞デジタル)

「いま憲法改正で9条を語るなら、1条も一緒に語らないといけないんじゃないか」
 自作の劇の公演でロンドンに滞在中の劇作家野田秀樹さん(62)から演劇と社会について聞いていたら、そんな挑発的な議論になった。
 野田さんは1992年に英国に留学し、ロンドンに自宅も持つ。英国から日本を相対化してみるとき、避けて通れないのが象徴天皇制を定めた1条だとみる。特に意識したのは95年、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた時だった。事件後、教祖としての神格的存在から被告人になったのが麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚だ。
 「信徒の麻原に対する見限り方とか、そのままついていった人間の姿は、45年の天皇に対する日本人の態度と非常に似ていたような気がするんです」
 戦後、大半の日本人は天皇制の問題をまともに考えず、迷ったまま生きてきた。……
本文:1,185文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD