ドラマ「大恋愛」で好評 ムロツヨシの底力発揮はこれから(日刊ゲンダイDIGITAL)

年収1000万円『ひとりビジネスの教科書』の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

S・マーケティングジャパン株式会社の
年収1000万円『ひとりビジネスの教科書』が、
とても気になっているんですよね。

出典元:予測不能なムロツヨシの演技(C)日刊ゲンダイ

コラム【TV見るべきものは!!】

 ドラマ「大恋愛」(TBS系)は、若年性アルツハイマーのヒロインと彼女を支える男の物語だ。下手をしたら陳腐なドラマになるはずだったが、違った。

 決定づけたのは、長く筆を折っていた小説家、間宮真司(ムロツヨシ)の“受けとめ力”である。彼の作品の大ファンだった女医の北澤尚(戸田恵梨香)。その情熱を真司が受けとめた。また病気が発覚し、尚が身を引こうとした時も、真司は「病気だなんて屁でもなんでもない。(中略)俺は一緒にいたいんだ!」と丸ごと受けとめる。

 それでも尚の元婚約者で、主治医でもある井原侑市(松岡昌宏)の存在や、尚を支え切ることができるのかという不安や迷いもあり、真司から別れを告げる事態に陥った。

 しかし先週、2人の間の誤解が解消され、ついに尚はウエディングドレスに身を包んだ。いやはや、ベテラン脚本家・大石静の手練手管によって、陳腐なドラマどころか、タイトル通りの大恋愛に進化しつつある。

 功労者はやはりムロツヨシで、「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)の魔法使いとは真逆の役柄でありながら、どこか不穏な雰囲気を残しているのだ。予測不能なムロに敏感に反応した戸田が、ふだん以上の演技を見せるという相乗効果も生まれている。

 結婚はしたが病状は進む。ヒロインはもちろん主演女優をも受けとめる、ムロツヨシの底力が発揮されるのはこれからだ。
(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメント