「いろとりどりの親子」監督が語るベストセラー本の映画化(日刊ゲンダイDIGITAL)

杉田 順一のイージ・アングル(EasyAngle)BO&FX 口コミが怪しい

最近、話題になっている

杉田 順一の
イージ・アングル(EasyAngle)BO&FXって・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:レイチェル・ドレッツィン監督(C)日刊ゲンダイ

今週17日から公開となる米映画「いろとりどりの親子」(ロングライド配給)は、同性愛者や自閉症、ダウン症、低身長症といった社会が悪いイメージを抱きがちな違いを持つ子と親に迫ったドキュメンタリー作品だ。メガホンを取ったレイチェル・ドレッツィン監督(53)は、24カ国語に翻訳された大ベストセラー「FAR FROM THE TREE」(アンドリュー・ソロモン著)を映画化するにあたり、映像ならではの強みを意識したという。

 原作のタイトルは「The apple never falls far from thetree(リンゴは決して木から遠くには落ちない)」ということわざからもじって名付けられた。いわば「蛙の子は蛙」とは限らない、想像していた子供とは違う子供が生まれてきた親が異なるアイデンティティーを受け入れ、親子で共感をもって困難を乗り越えていく様子を描いたノンフィクション。多くの人々の心を打った作品だ。

 2012年の刊行以来、原作者には30人もの映画監督からアプローチがあった。その中でレイチェル監督が著者の心をつかみ、映画化にこぎつけることができたのは、原作への理解、そして、経験と熱意だったという。

「撮影や編集技術はもちろんのこと、ドキュメンタリーを手掛ける上で最重要ともいえる“出資を募る”ノウハウがあることも評価されたのだと思う。加えて、私がアンドリューに伝えたのは、原作を模倣するような撮り方はしないということ。原作は800ページもの分厚さで、取材対象は300件以上と多岐にわたる。対する映画は90分と尺が限られるので、原作の本質や魂を表現するには、映像ならではのアプローチが不可欠になると考えた。それを理解し共感してくれたんじゃないかしら」

 それでは映像の強みとは何なのか。

「誰かをちらりと見たり、そうっと目線を送るだけでも、20ページ分ぐらいを表現できたりする。それこそが強みです。ただ、カメラの前で話す行為は、自分の内面をもさらけ出すこと。当初は大丈夫、平気、と言っていても、いざ本番になるとガチガチに意識してしまう人もいる。そういった万が一も見越しながら作業を進めることはとても難しかったですね」

 何度も自宅に通い、ときにはカメラ1台で、録音技師も同行しない少人数のクルーで、取材班の存在を忘れてしまうような空間づくりを行ったという。「互いに愛情が持てる関係が築けたことは成功の秘訣だった」と振り返る。

 レイチェル監督は3人の子供を持つ母親だ。夫もドキュメンタリー作家で、その子供たちは多くの人々と交わう環境で成長し、それがいい効果をもたらしていると話す。ただし、「絶対にドキュメンタリー作家にはならないからねって宣言されているの。どうやら私たちの会話を聞き飽きているみたい(笑い)」。

 何かとぎすぎすしがちな親子関係で多くの気づきを得られる一本だ。
(取材・文=小川泰加)

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

杉田 順一さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

コメント