北村匠海、ライバル役新田真剣佑で「ゾッとした」(日刊スポーツ)

映画「OVER DRIVE」(羽住英一郎監督)の初日舞台あいさつが1日、都内で行われ、主演の東出昌大(30)や新田真剣佑(21)らが登壇した。

【写真】劇中で披露したポーズをしてみせる新田真剣佑と東出昌大

 公道を使用したカーレース「ラリー」に挑む熱い男たちの物語で、東出はチームのメカニックを務める兄を、真剣佑はイケメンドライバーの弟を演じる。共演の森川葵(22)北村匠海(20)町田啓太(27)も登壇した。

 東出は「自動車の映画でいろいろと大変だったけれど、無事故、無違反で健康に(初日を)迎えられたのがうれしいです」とあいさつした。

 羽住監督が「アツい映画ができた。この先も見てみたいという思いがあります」と話すと客席からは拍手が起こり、真剣佑も「ついて行きます!」と前のめり。東出が「やりたい人?」とキャスト陣に問いかけると全員が挙手し、続編へ期待を高まらせた。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD