花園直道、韓国舞踊に挑戦「ぜひ見てもらいたい」(日刊スポーツ)

舞踊家の花園直道(29)が6月1日、日刊スポーツ(大阪市北区)に来社した。7月に開催する「IT,S SHOWTIME!! 花園直道×パク・ジュニョン ~日韓 夢のコラボレーション~」(7月12日、13日、東京都渋谷区・伝承ホール)について「日韓の伝統的な舞踊や、K-POPまで幅広い内容です。若い方にもぜひ見てもらいたい」とアピールした。

【写真】花園直道を大村崑が絶賛「紅白というご褒美がある」

 初めて韓国の民族衣装姿を披露し、韓国舞踊にも挑戦。「着物とは違うので、踊り心地も変わってきます。日本舞踊と似ている部分もありますが、足の使い方、歩き方など、もっと勉強していきたい」と意欲的に取り組んでいる。

 17年に大好評を得た、歌手のパク・ジュニョン(36)とのコラボ公演第2弾。1部はミュージカル風の人情コメディー「ポッポ繁盛記~パク・メジャーデビュー編」、2部は歌と踊りで魅せる「IT,S SHOWTIME!!」。2部では花園が構成・演出を担当している。これまで自身の公演での構成や演出経験は豊富だが、他アーティストとの公演では初めての試み。プロデューサー目線でも挑戦している。

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD