デジタルアシスタントの台頭でブランドと消費者の関係が根本から変わる(ITmedia マーケティング)

石居 佑介の天地ハンティングFXホルス千里眼サポートツール (1分足&5分足スキャルピング&デイトレード&スイング順張りロジック専用ツール) 口コミが怪しい

最近、話題になっている

石居 佑介の
天地ハンティングFXホルス千里眼サポートツール (1分足&5分足スキャルピング&デイトレード&スイング順張りロジック専用ツール)って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:(写真:ITmedia マーケティング)

前回「いつでもどこでも購入が可能な世界――顧客のインスピレーションとコンバージョンの距離が近づきつつある」では、コマースの拡大と動向について紹介しました。今回はその拡大と進化を加速させている「デジタルアシスタント」の今後の可能性について記述します。

iProspectのVoiceLab。ここでシンガポール上級国務相のインドラニー・ラジャ氏も参加したイベントが開催され、筆者(右)がスピーカーを務めた

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

石居 佑介さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

コメント