BTS騒動でテレビから“消滅”も…K-POPライブが大活況のワケ(日刊ゲンダイDIGITAL)

スマート・リターンFXの効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

クロスリテイリング株式会社の
スマート・リターンFXが、
とても気になっているんですよね。

出典元:原爆Tシャツが物議を醸したBTS(C)DPA/共同通信イメージズ

K―POPグループ、BTS(防弾少年団)の原爆Tシャツ問題に端を発した日韓問題の影響で、K―POPアーティストはメディアから姿を消している。年末の歌謡祭、音楽ライブ等のテレビ特番は「K―POP枠は今のところ白紙状態。TWICEがNHK紅白出場グループということで候補に挙がるくらいですが、またいつどうなることか分からないので未確定」(テレビ関係者)だという。

 そんなK―POPグループのメディア露出激減に反比例して大盛況なのがイベントやライブだという。ガールズグループの次世代新人「公園少女」は日本デビューはまだで、メディア露出ナシにもかかわらず、18日に渋谷モディで行われたイベントは公園通りに人があふれる人気ぶりだった。

「K―POPファンは情報をキャッチする感度が高く、日本版のCDを出していなくても横浜アリーナを埋めるなんてこともあります。例のBTS問題以来、さらに生のライブやイベントに出向くファンも増えているようです」(CDショップ店員)という。

「K―POPファンはほとんどBTS擁護派で“嫌韓の今だから私たちが支えよう”っていうムードになっています」(あるK―POPファン)

 今のこの状況がむしろファンの結束力を高めているのだ。

 音楽評論家の富澤一誠氏が言う。

「楽曲をリリースして、テレビで増幅するのが一般的なプロモーションですが、ライブイベントに来るファンはいわば“固定票”で、テレビで楽しむ人は“浮動票”。支持基盤がしっかりしているから、浮動票に頼らなくてもビクともしない、むしろ純化されているといえるでしょう。アーティストとしての実力をこういった状況で認識するのは音楽業界としては残念ですが、彼らは世界進出を視野に磨き上げられた存在ゆえ、日本の素人同然のアイドルとは素地が違う。だからこそかえってライブイベントが活性化するのでしょう」

 韓国では反日、日本では嫌韓擁護のプロパガンダにされてしまったK―POP。“音楽と政治は別物”と言える日はまだ遠いのか。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメント