今田耕司は“業界タブー”と危惧 芸能人CMギャラ暴露の波紋(日刊ゲンダイDIGITAL)

外国株取引入門のネタバレと体験談

酒匂 敏郎の
外国株取引入門が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:左から時計回りで今田耕司、渡辺謙、武井咲、菊川怜(C)日刊ゲンダイ

タレントのCMギャラが一部で公開されたことについて、今田耕司(52)が「業界としてはタブー。タレントさんのプロダクションへの不信感につながる」とコメントし、その影響を危惧した。

 公開したのは、メガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」の販売元の松村謙三会長兼CEO(59)。昨年から今年にかけ、ハズキルーペCMに起用したタレントのギャラを週刊文春のインタビュー記事で語ったのだ。それによると、渡辺謙(59)の2億円を筆頭に、舘ひろし(68)は8000万円、武井咲(24)が7800万円、菊川怜(40)が7500万円。いずれも高額である。

 今田はCMでも営業でも、事務所に支払われるギャラの総額は「絶対に言わない」のが芸能界の不文律になっているとしつつ、公表されたギャラについて「この値段は、絶対タレントさんはいただいていない」と訴えた。そうしたブラックボックスの一端がのぞいたことによって、「そんなに入っていたのか」とタレントは怒り、「中間搾取じゃないか」とプロダクションに詰め寄る事態も出てくるのではないかというのだ。

■取り分が1対9の吉本ルール

 今田自身、所属の吉本興業から入るギャラをめぐっては「たまに営業先の社長さんに『払っといたで』と言われた金額と、あまりに違うから愕然とする」そうで、事務所を問い詰めても暖簾に腕押しなのだとか。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「吉本でのギャラは、事務所の取り分が9でタレントが1という“吉本レート”で知られています。1というと、吉本所属の芸人として、今田さんが最初にもらった舞台のギャラが100円で、そこから税金引かれて90円だったと番組で明かしていたように、とてつもなく低くなる。この話題を番組で持ち出したということは、そろそろ配分を見直すべきだという思いが背景にあるのかも知れません」

 芸能プロ関係者によると、タレントのギャラには大きく給料制と歩合制があり、吉本は歩合制で、給料制では和田アキ子や綾瀬はるからの所属するホリプロが大手では有名だ。ではCM出演でギャラが発生した場合、取り分はどうなっているのか。広告関係者は言う。

「たとえばオール媒体といって、新聞・雑誌、テレビ・ラジオ、ポスターに至るまで、全部に露出する広告にタレントを起用するとする。『あっ、あの人知っている』と世間のほとんどが言うような知名度のタレントであれば、だいたい年間800万円がギャラの相場です。タレントのギャラはテレビでは一度決まると、変わらないものですが、CMの場合、ひとつの商品に出続けたとしても、その出演料は流動的なのが特徴です。ワンクール(3カ月)の出演契約だから、相場の半分となったりもします。タレントの取り分は、事務所と折半のところもあれば、事務所が6でタレントが4であったり、7対3であったり、それぞれですが、タレントが金額の多寡で事務所に何か言ったというような話は聞きませんね。割のいいCMの仕事を取ってくること自体が大変だと分かっているからでしょう」

 本業がお笑いであれ、俳優であれ、CM出演は収録などでの拘束が短い上、うまくいけば、高額ギャラが入ってくる。タレントにも事務所にとってもボーナスみたいなものか。

「大竹しのぶさんが以前所属していた事務所を退社するとき、CMだけは退社後2年間もこの事務所の所属としてやったそうです。取り分は折半だったか定かではありませんけど、その2年間で大竹さんは事務所へ恩返しをしたということでしょう」(前出の広告関係者)

 事務所と揉めるつもりがないのなら、本当の金額は知らぬが仏というべきかもしれない。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメント