「iPhone XR大幅値下げ」に待った 「見せかけの値引き」カラクリを解説(ITmedia Mobile)

S・マーケティングジャパン株式会社の年収1000万円『ひとりビジネスの教科書』は効果なし?内容暴露

S・マーケティングジャパン株式会社さんの
年収1000万円『ひとりビジネスの教科書』は有名ですよね★

出典元:大幅に安くなったようで実はそれほど安くなっていない「iPhone XR」

NTTドコモが販売する「iPhone XR」が、11月26日から値下げされたと話題だ。「大幅値下げ」とタイトルに掲げる報道も見受けられる。ドコモの施策は「本体代金から約7万円を値引く」というもの。Wall Street Journal紙などが報じている「新iPhoneの販売不振」とひも付けて、「これほど大幅な値下げが必要なくらい、販売が振るわないのか」と捉えても不思議ではないが、実際はそれほど安くなっていない。

10万円を上回るスマホの分割審査を通す条件

 結論からいえば、今回新たに値引かれたのは約8000円にすぎない。

 本体代金が7万円も値引かれているのに、なぜ8000円ほどしか実際には安くなっていないのか。このカラクリとなる「端末購入サポート」に焦点を当てる。

【訂正:2018年11月26日午後3時15分 値引き額について修正を行いました。詳細は後述】

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメント