コンプレックス武器に変えた 高橋真麻のゴールインに父の“教え”(日刊ゲンダイDIGITAL)

がん保険アフィリエイトサイト向け記事テンプレート図解セットパックby広告素材.COMインフォトップ出張所は詐欺という噂は本当?あの掲示板での評判

株式会社天空さんが販売している
がん保険アフィリエイトサイト向け記事テンプレート図解セットパックby広告素材.COMインフォトップ出張所が売れていて話題になってるみたい?

2ちゃんねるでは
【詐欺】とか【怪しい】という噂があるみたいだけど
本当のところ、効果はどうなのか気になりますよね~

出典元:高橋真麻と父の高橋英樹(C)日刊ゲンダイ

3年の交際を経て、1歳年上の会社員と22日に入籍したフリーアナウンサーの高橋真麻(37)。「イジられキャラ」もすっかり定着し、現在テレビのレギュラーは5本。「引き続き、皆さんにはイジっていただきたいと思います!」と25日放送の「スッキリ」(日テレ)でニッコリ。しかし04年のフジテレビ入社以降、その道のりは決して平坦ではなかった。女子アナ評論家の松本京也氏は語る。

「入社した頃は“第2次女子アナブーム”で、フジテレビでは内田恭子、高島彩、中野美奈子らビジュアル抜群のアナが活躍していました。翌年の05年には元アイドルの平井理央が入社してきます。そうしたアイドルアナに囲まれ、高橋は親のコネで入社した、実力もルックスも劣るアナとしてバッシングされていました。同期の斉藤舞子がバラエティーで人気となっていく一方で、報道分野でも活路を見いだせなかった」

 街中で入社1年目の“マーサ”に出くわし、握手とサインを求めたという某誌のパパラッチカメラマンは「ありがとうございます! 頑張ります」と彼女が深々と頭を下げ“神対応”だったことが忘れられないと言う。

「当時、アナウンス室でイジメられていて、誰からも声をかけられないという噂がありました」と語るのはマスコミ関係者。

「週刊誌などでは“親の七光”“ブサイク”“高飛車”などとヒドい書かれ方をしていましたね。その個性的な鼻の形を『シシマイ顔』だとして、“女子アナ写真4コマ漫画”のオチに毎号しつこく使っていたエンタメ誌もありました」

■「求められているうちは…」

 しかしながら、それでもヘコたれなかったから今のマーサがある。30歳を過ぎたころから、自らの容姿を「鼻フック」とネタにしたり、抜群の歌唱力を披露したりしつつ、徐々に“モテないイジられキャラ”として認知され、人気を獲得。コンプレックスを見事に武器に変えたのだ。

 こうした彼女の開き直りは「求められているうちは頑張りなさい」という父・英樹の教えによるものだとされている。モテないとは言いつつも、11年にはIT会社幹部との熱愛も発覚。入社10年目の13年3月にフジテレビを退社。

「独立後は“イジられキャラ”として好感度は増すばかり。局アナがフリーになって成功した好例でしょう」(前出・松本氏)

 温かく見守ってくれた父のおかげだろう。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

コメント