電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動(ITmedia マーケティング)

植杉 美恵子の完全自動2chまとめサイト 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

植杉 美恵子の
完全自動2chまとめサイトについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:サービスの全体像

電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは2018年11月19日、生活者主導のパーソナルデータ(以下、PD)管理・運用プラットフォーム「MEY(ミー)」の一部サービスを開始した。

 同社は、生活者が信託したPDを1つのIDで統合・管理し、生活者と企業双方にとって価値の高い有益なマーケティング支援サービスを提供するプラットフォームを構築、運用することを目的に、2018年9月に設立された(関連記事:「電通テックが『情報銀行』新会社を設立」)

 MEY上にID登録することで、生活者は自身のPDを集約し重層化することにより、PDの一元管理が可能となり、企業から自分に合ったオファーやインセンティブといったさまざまなメリットを享受できるようになる。

 また企業は、MEY内のPDを生活者許諾の下で活用することで、PDを自社保有するリスクやコストに対する課題から解放され、生活者とのエンゲージメントの強化を目的とした効果的なCRM施策を打つことができる。

 電通テックではその第一弾としてプロモーションメディア「MEYベネフィット」を開始。企業がMEY上でキャンペーンなどを実施することで生活者がさまざまな企業と継続的なコミュニケーションを築き、より多くのベネフィットを獲得することを可能とする。

 これまで生活者はキャンペーンなどに参加する場合、氏名や生年月日、メールアドレス、住所といったPDを都度入力する必要があったが、MEYベネフィットで展開される全ての企業のキャンペーンにはMEYに登録した際のID(MEY-ID)だけで参加できる。

 生活者にとっては、キャンペーン参加時の障壁となっていた入力の手間の削減はもちろんのこと、大切なPDがMEY内で安全に保管され、参加履歴を蓄積することにより、他の企業からの新たなオファーも受けられるメリットがある。また、企業側はキャンペーン終了後も参加者のPDを活用して新商品情報やクーポン、サンプルなどの提供を行うことができるため、単発のプロモーション施策にとどまらない継続的なCRMによってライフタイムバリューの最大化を図ることができる。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメント