イオンモバイル、約170店舗でモバイルバッテリーのシェアリングサービスを開始(ITmedia Mobile)

スキャルピングで脱サラした投資法B版をつくったトラストライン株式会社の真実!ネタバレとレビュー

トラストライン株式会社さんがつくった
スキャルピングで脱サラした投資法B版がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:モバイルバッテリーシェアリングサービス

イオンモバイルは、12月26日に本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」内の「イオンモバイル」とイオンモバイル八重洲の約170店舗でモバイルバッテリーシェアリングサービスを開始した。

利用イメージ

 「ChargeSPOT(チャージスポット)」の専用アプリをダウンロードし、店内に設置された専用機器「バッテリースタンド」でQRコードを読み取ると、モバイルバッテリーを受け取れる。使用後は借りた店舗だけでなく好きな店舗へ返却できる。

 利用料金は1時間以内の利用で108円(税込、以下同)からで、以降48時間以内の利用でプラス108円。初回利用時に端末保証代金2139円が必要で、紛失や破損などで48時間以内に返却できなかった場合は返金されず、以降自身のバッテリーとして使用できる。バッテリー容量は5000mAhで、対応規格はMicro USB、USB Type-C、Lightningケーブル。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメント