躊躇なく女性の胸を触る男の恐るべき思考(プレジデントオンライン)

39歳独身でアルバイトの男が、見知らぬ女性の胸をわしづかみにした。男は強制わいせつの疑いで逮捕・起訴されたが、女性との間で示談が成立し、執行猶予付きの有罪判決を受けた。男の両親は「再犯を防ぐため、自分たちが監督する」と誓ったが、長年、裁判傍聴を続ける北尾トロ氏は「この男は『またやるな』と確信した」という。なぜ、そんな直感が働いたのだろうか――。

■女性の胸をもんだ39歳独身アルバイターの19日前の「前歴」

 5月、東京地方裁判所でふらりと入った強制わいせつの初公判。傍聴席に座って間もなく、手錠をはめられた男性の被告人が入廷してきた。裁判長が本名、住所、本籍、職業を確認。プライバシーを守るため、被害者女性の実名は出さないように要請してから、検察による冒頭陳述に移った。

 ●検察:「被告人は○月○日午前1時過ぎ、通行中のAさん(被害者)に後ろから抱きついて胸をもみ、さらにAさんを追いかけ、背後から両腕を抱え込んで再び抱きつこうとした。大声で叫ぶと口を押さえようとしたので、Aさんは必死で逃げた」(主旨)

 被告人は39歳のアルバイトで独身。「前歴」が一度あり、その事件も強制わいせつだったという。なお「前科」は逮捕されて有罪判決を受けた場合につくもので、「前歴」は逮捕されたが起訴されなかった場合につくものだ。

 弁護人は、全面的に罪を認めて争わないこと、Aさんに対する謝罪文を書いていること、示談が成立していること、証人として出廷こそしないものの、被告人の両親が嘆願書を提出し、社会復帰後は監督する旨を誓っていることを述べた。

 ▼19日前に女性の胸を触って示談に持ち込み、すぐまたやらかして御用

 裁判において被害者側との示談が成立している点は大きく、執行猶予付き判決になることは間違いない。深夜の路上で背後から抱きつくなんて最低の行為だが、興味をひく要素はなく、この段階で数名が席を立った。

 僕がそうしなかったのは、弁護人からの被告人質問で、前歴の内容が明かされたからである。なんとこの被告人、今回の事件を起こす19日前に路上で女性の胸を触っていたのだ。速攻で謝罪して示談に持ち込み、起訴は免れたが、すぐにまたやらかして御用になったのである。全然抑えが効かない。常習犯だって、しばらくはおとなしくするものだろう。

 いったいなぜ、性懲りもなくやらかしてしまったのか。被告人の言い分はこうだった。

 「あの日はうれしいことがあり、一人で飲みに行った後でした。店を出てコンビニに寄ったとき、女性2人組を見かけ、そのなかのひとり(被害者)が好みのタイプでした。コンビニを出てラーメン屋に行く途中、その女性がひとりで暗い道に向かって歩いていたので、胸を触りたくなってしまい、背後から近づいて両胸をわしづかみしたのです」

コメント