コメダが「ブラック」に本気になった理由(プレジデントオンライン)

全国に約800店を展開するカフェチェーン「コメダ珈琲店」が、ブラックコーヒーに力を入れ始めている。コメダの主力商品は、砂糖とミルクを入れて飲むことを推奨するブレンドコーヒーだ。なぜ今になって、「ブラック」を重視し始めたのか――。

■店で抽出する「コメ黒」を全国展開

 「コメ黒」というコーヒーを、ご存じだろうか。

 全国に800店近くある「コメダ珈琲店」が、力を入れるメニューで、2月26日から各店での導入を順次進めている。1杯の価格は店舗により異なるが、ブレンドコーヒー+100円(税込み)の値づけだ。

 「コクのあるブラジル最上級グレードの豆をベースに、華やかに香り高いキリマンジャロの豆をブレンド。上品な酸味と深いコクに、甘い香り。そしてすっきりとした後味を、絶妙なバランスでお楽しみいただけます。ブラックで飲んでいただきたいので、基本はコーヒーフレッシュを提供していません」(広報担当)

 最初にこのメニューが登場したのは、2016年7月15日にオープンした「コメダ珈琲店 渋谷宮益坂店」(東京都渋谷区)だ。このとき特に「プレス発表会」はなかったが、筆者は事前に新メニューを投入するという情報を得て、オープン日に店に行き「コメ黒」を味わった(当時650円)。価格が高いのは、この店はサイフォンで抽出するからだ。

 その後、「コメ黒」は人気を呼び、コメダ本社と同じビルにある「葵店」(名古屋市東区)にも展開した。だが、あくまで一部の店で飲める「限定コーヒー」だった。それが今年2月末から一部の店舗を除き、全国展開を始めたのだ。大半の店ではサイフォンでなく、専用の機器で抽出する。

■「変わらないのがコメダ」を変えた理由

 コメダには、フレッシュと砂糖を入れて飲むのを推奨する「ブレンドコーヒー」がある。こちらは店の主力商品で、専用のコーヒー工場で一括抽出する。

 「コメダのコーヒーの香味コンセプトは、すっきりした口当たりと砂糖、ミルクにも負けない、しっかりとしたボディをもつものです。味わいでは、力強い苦味とさわやかな酸味が調和しており、雑味や異臭がないのも特徴です」(広報担当)

 あまり知られていないが、次の工程で焙煎・抽出される。

 (1)コロンビアなど世界中のコーヒー豆から選んだ4種の生豆を7種の焙煎豆にする
(ある豆は浅煎り、別の豆は深煎りにするなど、生豆の特長を生かして焙煎)
(2)独自の比率でブレンド(アフターミックス)し、挽いて粉にする

いま、話題になっている・・・
Amazon輸入のリサーチを高速化 カルーン!IDせどり スマホでも♪をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社セントレクスさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD