自分の城にあった伝説の武器で倒された魔王編――経営者が「リスク管理」を行うべき理由(@IT)

エンジェル 西江義博の勝利の秘訣は効果なし?内容暴露

エンジェル 西江義博さんの
勝利の秘訣は有名ですよね★

出典元:リスク対応

40~50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載「RPGに学ぶセキュリティ」。第1章は「レベルアップ」編として、セキュリティ人材が装備を整える難しさ、そして人材育成の難しさについて、RPGスタート時の主人公の育成に例えてお話しした。

 そこで、「RPGにおける主人公と魔王の関係はセキュリティ人材と攻撃者の関係とよく似ている」としたが、本稿では魔王を防御側の組織の長に、主人公を攻撃者に例えた内容を記したい。

 RPGの最後は「魔王」などと称しているラスボスを倒すことで終了する。伝説の武器を装備した主人公の最後の一撃で魔王は倒れ、その世界に光が戻る。その後は旅立った城などスタート地点に戻り、ゲームの中でいろいろあったみんなの祝福の中で大団円となったところでエンドロールを迎える。多くのRPGはこのように終わる。

 しかし、筆者は「なぜ魔王は自分の勢力圏や特に自分の住んでいる城のように身近な場所に、自分を倒せる伝説の武器を放置したままにするのか」が非常に疑問だった。もちろん、子どもであっても「大人の事情」ということは分かっている。「そうでなければ、ゲームが進まない」ことも分かっている。しかし、「それを言っては話が終わる」ということは分かった上で、もやもやしていた部分を魔王目線で考察したい。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメント