内博貴、10月舞台主演決定「良い化学反応を」(日刊スポーツ)

内博貴(31)が、舞台「まさに世界の終わり」(10月13日から東京・DDD青山クロスシアターなどで上演)に主演することが2日、分かった。

 フランスの劇作家ジャン・リュック・ラガルス氏が執筆し、16年には「たかが世界の終わり」として仏俳優ギャスパー・ウリエル主演で映画化もされた戯曲の日本初演。内演じる主人公のルイが、重い病を抱え、母と妹が住む実家に久々に戻って来る。家族が互いに言い合ったり、気遣い合ったりする情景が繰り広げられる。台本の中にト書きが少ない、登場人物5人による会話劇だ。大空ゆうひ、島ゆいからが出演し、石丸さち子氏が演出を手掛ける。

 内は「会話劇ならではの難しさもありますが、それぞれ個性の強い役柄を、素晴らしい共演者の方々ときっと良い化学反応を起こせると思うので楽しみながら演じられたらと思います」と意気込んだ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD