奥田瑛二、「幸せ壊し」から幸せじいじへ(スポーツ報知)

サラリーマンが不動産投資で不労所得を得る方法は詐欺という噂は本当?あの掲示板での評判

土屋 俊一さんが販売している
サラリーマンが不動産投資で不労所得を得る方法が売れていて話題になってるみたい?

2ちゃんねるでは
【詐欺】とか【怪しい】という噂があるみたいだけど
本当のところ、効果はどうなのか気になりますよね~

出典元:「死ぬまで俳優、映画監督をやっていく」と生涯現役を誓った奥田瑛二(カメラ・佐々木 清勝)

俳優の奥田瑛二(68)が主演した映画「洗骨」(照屋年之監督)が、2月9日に公開される。沖縄と鹿児島の一部離島に残っているといわれている、洗骨(せんこつ)という葬制と娘の出産を通して家族の在り方を問いかける物語。奥田は堕落した父親を演じ、不器用に家族を守る姿を熱演。自身は“幸せ壊し”の父親だったが、最近は「家族=幸せ」と思うように。今だからこそ表現できる肉親への情愛が役を通してあふれ出した。

 舞台は沖縄・粟国(あぐに)島。4年前に亡くなった新城家の母(筒井真理子)の洗骨(遺体を一度土葬し、数年後に取り出して遺骨をきれいに洗い、骨つぼに納める風習)が行われるため、家族が集結したが、未婚の長女・優子(水崎綾女)が臨月で姿を現した。

 奥田が演じたのは、酒に溺れる父親・信綱。娘と息子からは信頼されず、覇気もない。奥田のイメージと真逆だが、自然と役になりきれた。

 「何も考えないで演じたのはこの年になって初めて。夜は泡盛ロック4杯目くらいから奥田瑛二君が出てきてホッとして寝るけど、朝起きて歯を磨くともう信綱。背筋もぴゅーと丸まっていきました」

 亡くなった人と“再会”する洗骨。生々しく死と向き合い、命をつなぐ神秘さを実感させる儀式を通じて、「家族」について考える。奥田にも似た経験がある。

 「愛知県の田舎育ちですから、おじいちゃんまでは土葬でした。掘り返すと前の人の骨が見える。そういう年代の命の在り方を子供の頃から見ていました。洗骨は、日本人が大切にした魂をよみがえらせてくれた。亡きがらをきれいにすることで、それぞれが感じるものがある」。主人公と自分をスムーズに重ねることができた理由かもしれない。

 妻を亡くした夫を演じ、妻・安藤和津さん(70)との残りの人生をよく考えるようになった。

 「『君が先に死んだら…』って言うと、『何言ってるの? あなたが先に死ぬに決まってるじゃない』って争いをする。でも、散々考えて考えた結果、今を健康に生きるしかない」

 昨年末も平和な夫婦ゲンカが勃発した。放送中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜・前8時)でヒロインを務める次女・安藤サクラ(32)が紅白歌合戦でも審査員を担当。「来てほしい」とサクラから誘いを受けたが「俳優だからどこか気恥ずかしかった」。

 行くか、行かないか―。12月30日に言い争いになったが、見かねたサクラから「もう決めました。お父さん来てください。はい2名、完了」とだけ電話で言われ、NHKホールへ行くことに。

 「行ってみたらめっちゃくちゃ楽しくて、最初っから(ペンライトを)振りっぱなし。ユーミンが出てきて涙が出ちゃった。その時にサクラを見たら、泣いてたんだよ。なんだ親子だな~って。終わってからも心が燃えたぎっていたので、かみさんとオシャレなたこ焼き屋で、2人でワイン飲んでルンルンで帰った」

 身ぶり手ぶりでしゃべるほど、年が明けても興奮は収まらない。

 2015年、長女で映画監督・安藤桃子さん(36)に長女(3)が、17年、サクラに長女(1)が誕生。

 「『じいじ』って袖をつかまれ、『なんだ?』って言うとそのままどこかに連れてかれる。娘の十倍かわいい」。目尻を垂らしてデレデレだ。

 「僕は幸せ壊しで生きてきた。『こんなめでたいことに浸ってはダメ』って。でも、孫がそろったら、これが家族かって思った。幸せだって実感を心から思えた瞬間が、娘両方に孫ができた時。今は家族がそろって1年7か月目。『あんたのところは幸せだね』って言われても、素直に『ありがとうございます』と言える。幸せだと思うことっていいことだな~」

 妄想が好きだという奥田は「もしも安藤和津と離婚したら」と考えたが、今の自分は「いない」と断言できるという。

 「ダメ人間が増幅して主体を持ち、生き生きとして映画を語ることもせず、どっかの片隅で黙々と生きているのかもしれない。若気の至りでいろいろありましたが、それすら通り過ぎると違う自分がいる。心はどんどんどんどん豊かに、強くなるんだな」

 ◆奥田 瑛二(おくだ・えいじ)本名・安藤豊明。1950年3月18日、愛知県春日井市生まれ。68歳。明治学院大法学部中退。79年に映画「もっとしなやかに、もっとしたたかに」で映画デビュー。代表作は「千利休 本覺坊遺文」(89年)、「棒の哀しみ」(94年)など。2001年、映画「少女」で監督デビュー。79年にエッセイストの安藤和津さんと結婚。義理の息子は柄本佑。

 ◆「洗骨」 妻に先立たれた信綱(奥田)は、やめたはずの酒を飲んだくれる日々を過ごしていた。そんな中、妻の洗骨のために長女・優子(水崎)が臨月の姿で帰ってきた。シングルマザー宣言する優子に親戚一同大反対。優子から賛同を求められても何も言えない信綱の姿に長男・剛(筒井道隆)もあきれ気味。家族がバラバラになる中、洗骨の日が近づいてきた。111分。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

コメント