「嵐」の復活は…大野智の“体型キープ”発言から推測できる(日刊ゲンダイDIGITAL)

あまログ|ブロンズ会員:1ヶ月分は詐欺という噂は本当?あの掲示板での評判

株式会社オニオンリンクさんが販売している
あまログ|ブロンズ会員:1ヶ月分が売れていて話題になってるみたい?

2ちゃんねるでは
【詐欺】とか【怪しい】という噂があるみたいだけど
本当のところ、効果はどうなのか気になりますよね~

出典元:嵐の活動再開はいつだ?(C)日刊ゲンダイ

嵐がたいへんなことになっている。

 なにしろ、絶頂期の国民的人気アイドルグループが活動休止だというのだから、ファンに与えた衝撃は凄い。社会的、経済的にも大きな影響が出てくる。

 2020年の大晦日で休止だというから、2年近くは残っている。今は全国50公演行われるコンサートツアーの真っ最中だが、この経済効果がデカい。大箱のドーム球場のみというツアー全部で237万5000人を動員、チケット代金(1席9000円)とグッズで1人2万円以上は使うといわれているから、これだけで500億円以上になる。現在発売中のDVDなどは売り切れ続出で、追加されるほか、新たにベスト盤やニューアルバムを出して、今年1年だけで700億円は超えそうだ。

 で、これまでが今年だけの話で、いま予想されているのが、来年のファイナルイベントだ。まだ詳細は発表されていないが、オリンピックイヤーで、彼らがオリンピック絡みで登場するのは確実だし、オリンピックが終わった後も使われる、「新国立競技場」での特別コンサートが行われる可能性も高い。フィールドも客席にするので8万人くらいは入りそうだし、仮に活動休止までの最後のライブとなれば10日連続だって可能だろう。先ほどの計算を当てはめれば、80万人動員で200億円の売り上げが期待できる。CD、DVD、特番、CMと拡大していけば、この2年で1500億円超えは間違いないところだろう。

 ただし、活動休止についてショックだというファンは多いが、「ちょっと待て」と言いたい。休止は「解散」ではない。

 櫻井翔(37)が自分の出演する番組で、「嵐の復活は?」と聞かれ、「ありますよ。あります」と即答した。会見で、期限を決めずに休みたいと言った大野智(38)は、「ビジュアルや体形はキープします。仕事をやめたら老け込むことが多いけど、そうならないように、他の4人よりもちゃんとする」と発言している。“やる気満々”ではないか。

 ズバリ言う。復活の時期は2023年のどこかで発表し、24年に“復活イヤー”として大騒動が巻き起こる。なぜなら24年は「嵐・25周年」だからだ。実質、3年弱の休養で自由な時間を大野は過ごすことになる。他の4人はそれぞれソロ活動で、映画、ドラマ、キャスター業などで露出は続く。現役感を失うどころか、より価値を高めた中で、25周年をぶち上げるわけだ。

 その際も、25周年の1年だけと“期間限定”すれば、プレミア感でもっといい。3年間、嵐のライブに飢餓状態になっていたファンは熱狂し、それこそ新国立競技場は何日間でも埋まることになるだろう。

 中学生の時から自由な時間を持ってなかった大野の「休みたい」気持ちからスタートしたこの話。嵐だからこそ、ビッグなビジネスになるのだ。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

コメント