常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気(日刊ゲンダイDIGITAL)

PWP先行(198,000)のネタバレと体験談

ジルトン合同会社の
PWP先行(198,000)が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:常盤貴子(C)日刊ゲンダイ

ドラマ「グッドワイフ」(TBS系)で久々に民放連ドラに復帰した常盤貴子(46)が話題になっている。

 同作は初回視聴率10%、第2話が11.5%、第3話が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と堅調。ドラマでは汚職逮捕と不倫スキャンダルで失職した夫に代わって、専業主婦から職場復帰した弁護士を好演。常盤といえば、豊川悦司と共演した「愛していると言ってくれ」(95年)、木村拓哉と共演した「ビューティフルライフ」(00年)などTBS連ドラの看板だったが、その後は活躍の場を映画や舞台にシフト。19年ぶりのTBSドラマだという。またプライベートでは09年に演出家で俳優の長塚圭史(43)と結婚。しかしながら12年には長塚が女優の真木よう子(36)との熱愛をフライデーされるなどドラマの設定を“地”で行っている。コラムニストの桧山珠美氏がこう話す。

「『グッドワイフ』は出演者が豪華で、海外リメークではあるがストーリーも日本人に受け入れやすい形にうまくアレンジされている。『下町ロケット』の視聴者も離さない展開で、王道のドラマといえます。また、常盤さん自身の久々のTBSドラマ復帰や夫に浮気された経歴も重なり、視聴者が物語に感情移入しやすいという部分も相乗効果になっています」

 さらに、常盤の劣化知らずのルックスと透明感は、原田知世(51)、森高千里(49)、広末涼子(38)など最近人気の女性たちに共通。いわば“ネオ美熟女”の先頭を行く存在だ。

「最近テレビで活躍しているアラフォー以上の女性たちはナチュラル系、草食タイプ。一昔前の熟女といえば、女性としていつまでも現役でいたいという肉食系の“ギラギラ感”がありました。一方、常盤さんを含めた“ネオ美熟女”は草食系で中性的。セクシュアルなにおいがせず、森高さんの美脚も含め、2次元が好きな男性、うんと年下の男性も受け入れてくれそうな雰囲気を醸し出している。女らしさを武器にしていないところも同性にも好まれ、全方向敵ナシなのが人気の秘訣なのでは」(前出の桧山氏)

 肉食女子から“ネオ美熟女”の時代へ。男たちが老いも若きも疲れ切っているせいかもしれない。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメント