日テレまた蚊帳の外…嵐「特番&最終回」争奪戦でもフジに苦杯(日刊ゲンダイDIGITAL)

Catch the LINE@(Catch the Web Asia Sdn Bhd)の悪評のレビューあり?

Catch the LINE@を販売している
Catch the Web Asia Sdn Bhdさん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:嵐“特番争奪戦”はすでに始まっている(C)日刊ゲンダイ

【「嵐」活動休止の衝撃】(3)

 2020年12月31日をもって活動休止――発表から4日経った現在も、ファンにとってはこのショッキングなニュースは受け入れ難いはず。しかし熱狂的なファン以上に状況を把握できず、大混乱に陥っているのがテレビ局、特に「嵐にしやがれ」を制作する日本テレビだ。

【写真】日テレ案件で気になるアノ問題

■昨秋には休止問題を知っていたフジテレビ

「嵐のレギュラー番組を抱えているのは日テレとフジテレビの『VS嵐』の2局しかない。番組スタッフが今回の休止情報を知らされたのは数日前。しかも、ジャニーズの公式見解として編成局長がこの情報を知ったのは会見当日のこと。あり得ないことですよ」(日テレ宣伝関係者)

 ところが日テレと違い、片やフジテレビは全てにおいて“特別待遇”だったという。

「昨年秋にはこの休止問題についてスタッフとジャニーズ間で情報を共有し、しかも、『VS嵐』の後番組の構想まで話し合っているんです。しかも、会見は『Mr.サンデー』の放送時間に間に合うように調整されていた。全てがフジファースト。確かに『VS嵐』は制作11年目。でも『嵐にしやがれ』も9年間、頑張ってきた。この仕打ちは一体何なのか……。皆、怒りが喉まで出かかっています」(制作関係者)

■SMAP解散の時も日テレは蚊帳の外

 日テレサイドが不満を口にするのも無理からぬことだという。2016年1月、あのSMAP解散騒動の時も似たような状況だったという。

「日テレにSMAP解散の話が伝えられたのは週刊誌報道を受けてから。だがフジは3カ月以上も前から、やはりスタッフとジャニーズサイドが情報を共有し今後の対応策を共に練っていた」(編成関係者)

 今回もSMAP解散騒動同様に蚊帳の外に置かれてしまった日テレ。2020年12月31日に放送される嵐のスペシャル番組も仕切りはフジテレビになる方向で調整が始まっているという。

「嵐の最後は『VS嵐』特番になる公算だ。ジャニーズとフジは想像以上に太い絆で結ばれている。加えて『SMAP×SMAP』でSMAPの締めを飾った実績も評価されている。日テレも食い下がってはいますが、ここにNHKが『紅白歌合戦』の大トリをチラつかせながら割り込んでくる。日テレが入り込む余地はありません」(事情通)

 せめて日テレは子会社「Hulu」で嵐のラスト全国ツアー中継の権利を得るべく交渉しているというが……。

「話は全く進んでいない。業界ガリバーのNHKが潤沢な資金でかなりの好条件をチラつかせているからです。中継権には莫大な権利金が発生しますから」(前出の事情通)

 あと2年間は最強の“キラーコンテンツ”と化した嵐。テレビ局の札束の積み合いが始まった。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:嵐“特番争奪戦”はすでに始まっている(C)日刊ゲンダイ

【「嵐」活動休止の衝撃】(3)

 2020年12月31日をもって活動休止――発表から4日経った現在も、ファンにとってはこのショッキングなニュースは受け入れ難いはず。しかし熱狂的なファン以上に状況を把握できず、大混乱に陥っているのがテレビ局、特に「嵐にしやがれ」を制作する日本テレビだ。

【写真】日テレ案件で気になるアノ問題

■昨秋には休止問題を知っていたフジテレビ

「嵐のレギュラー番組を抱えているのは日テレとフジテレビの『VS嵐』の2局しかない。番組スタッフが今回の休止情報を知らされたのは数日前。しかも、ジャニーズの公式見解として編成局長がこの情報を知ったのは会見当日のこと。あり得ないことですよ」(日テレ宣伝関係者)

 ところが日テレと違い、片やフジテレビは全てにおいて“特別待遇”だったという。

「昨年秋にはこの休止問題についてスタッフとジャニーズ間で情報を共有し、しかも、『VS嵐』の後番組の構想まで話し合っているんです。しかも、会見は『Mr.サンデー』の放送時間に間に合うように調整されていた。全てがフジファースト。確かに『VS嵐』は制作11年目。でも『嵐にしやがれ』も9年間、頑張ってきた。この仕打ちは一体何なのか……。皆、怒りが喉まで出かかっています」(制作関係者)

■SMAP解散の時も日テレは蚊帳の外

 日テレサイドが不満を口にするのも無理からぬことだという。2016年1月、あのSMAP解散騒動の時も似たような状況だったという。

「日テレにSMAP解散の話が伝えられたのは週刊誌報道を受けてから。だがフジは3カ月以上も前から、やはりスタッフとジャニーズサイドが情報を共有し今後の対応策を共に練っていた」(編成関係者)

 今回もSMAP解散騒動同様に蚊帳の外に置かれてしまった日テレ。2020年12月31日に放送される嵐のスペシャル番組も仕切りはフジテレビになる方向で調整が始まっているという。

「嵐の最後は『VS嵐』特番になる公算だ。ジャニーズとフジは想像以上に太い絆で結ばれている。加えて『SMAP×SMAP』でSMAPの締めを飾った実績も評価されている。日テレも食い下がってはいますが、ここにNHKが『紅白歌合戦』の大トリをチラつかせながら割り込んでくる。日テレが入り込む余地はありません」(事情通)

 せめて日テレは子会社「Hulu」で嵐のラスト全国ツアー中継の権利を得るべく交渉しているというが……。

「話は全く進んでいない。業界ガリバーのNHKが潤沢な資金でかなりの好条件をチラつかせているからです。中継権には莫大な権利金が発生しますから」(前出の事情通)

 あと2年間は最強の“キラーコンテンツ”と化した嵐。テレビ局の札束の積み合いが始まった。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

コメント