「地位向上と待遇改善」芸能ビジネスの原型をつくった渡辺晋氏の創業理念(日刊ゲンダイDIGITAL)

ローソク足だけで相場の天底を狙うトレード手法『キャンドルトレード』の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

デルタインベストメント株式会社の
ローソク足だけで相場の天底を狙うトレード手法『キャンドルトレード』が、
とても気になっているんですよね。

出典元:故・渡辺晋氏(C)日刊ゲンダイ

【芸能プロの「光と影」】

 渡辺プロ(現ワタナベエンターテイメント)

 芸能ビジネスのルーツは1950年代にまで遡る。現在、芸能プロは都内だけでも優に100は超え世間にも認知されるビジネスだが、当時は役者や芸人と称される芸能人に対して、偏見の目で見られ地位も低く見られていた。そんななか、「芸能人の地位向上、待遇改善」と立ち上がったのが、ジャズバンドをなりわいとしていた故・渡辺晋氏だった。自ら冷や飯を食った経験から晋氏は妻や知人と共にミュージシャンらの地位向上を図るべく、出演交渉からギャラなどを取り決め、さらにレコードや番組を制作して興行収入が入る仕組みを構築。現在の芸能ビジネスモデルの原型をつくった。1959年、名字をそのまま社名にした「渡辺プロダクション」(現・ワタナベエンターテインメント)を設立。初期にはハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ピーナッツらが所属。ビジネスを拡大していった。

「歌手の供給だけでなく、どうしたら面白い番組を作れるか、ナベプロの人のほうが精通していた。そのため、晋氏の自宅にテレビ局のスタッフが“ナベプロ詣で”し、日夜、会議を開いていた。車座になって侃々諤々、朝方まで討論したものです」(元テレビ局社員)

 ナベプロが制作を担った番組は音楽バラエティー「シャボン玉ホリデー」(日本テレビ系)など次々と人気となり、「ナベプロなくして番組は作れない」といわれるほどだった。番組人気でナベプロの名も全国に浸透。それまでの「芸能界は怖い」という風評もなくなり、スカウトも活発化。中尾ミエ、伊東ゆかり、沢田研二、森進一、ザ・ドリフターズら後の看板スターが続々と誕生した。芸能メディアもナベプロに殺到。有楽町の雑居ビルの一室にあった事務所は雑然と机が並び、たばこの煙は充満。周囲の人の動きはあわただしく、頭越しに大声が飛び交う。古き良き昭和時代の活気だった。

 ナベプロ出身で後に巨乳アイドル事務所を創設した「イエローキャブ」の野田義治社長(当時)からこんな話を聞いたことがある。

「当時、マネジャーは声が大きいほうが勝ちみたいな雰囲気でした。たとえ間違ったことを言っても、声の大きい人の意見が通ってしまう。自然にこの世界は声の大きい人が多くなった(笑い)」

 表舞台とは対照的なスタッフたちの舞台裏。「マネジャーは黒子に徹する者」という社長の教育でもあった。スタッフの扱いは荒さもあったが、対照的にタレントに対しては手厚いものがあった。地方出身の女性歌手らは晋氏の自宅で一人前になるまで居候。安心して芸能活動できる環境を整えた。それだけではない。

「歌手のギャラの一部を社長は密かに貯金して将来に備えていた。さらに、都内には事務所が土地を購入。家を建てたい幹部や歌手に土地を提供していた。一時、ナベプロの人が多く住んでいた地区もあった」(元スタッフ)

 実際、沢田研二宅の取材で近所の聞き込みをすると、どの家も一様に口が堅い。後に家主はどこもナベプロの人たちばかりと判明。取材の中身まで事務所に筒抜けだった。

 マネジャー業も厳しいなかに将来性のある仕事として認知させ、学歴のいらない仕事に大卒者まで志望者が増えたのもナベプロが下地をつくったと言える。それでも晋氏のマネジャー教育は一貫したものだったという。

「マネジャーはタレントを育て、タレントはマネジャーを育てる」という指針のもとマンツーマンで組ませ、失敗も成功も共有させた。こうした教育が芸能界の総合商社になるまでの需要なファクターとなった。 =つづく

(二田一比古/ジャーナリスト)

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメント