37歳でNFLチアリーダーに初挑戦 元女性教諭に決意を聞いた(日刊ゲンダイDIGITAL)

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」をつくった株式会社ACES WEBの真実!ネタバレとレビュー

株式会社ACES WEBさんがつくった
【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:藤田真実さん(提供写真)

「夢をかなえるのに、遅すぎるなんてことはない」

 35歳の時に入団テストを受け、メジャーリーガーになったジム・モリス氏(55)の言葉だ。モリス氏は高校教師という安定した職をなげうっての挑戦だった。

 日本でも“オールド・ルーキー”を目指す女性がいる。全米スポーツの最高峰、NFLのチアリーダーのトライアウトに37歳で初挑戦する藤田真実さんだ(Xリーグ・エレコム神戸チアリーダーズ所属)。

 早稲田大学第一文学部卒の才媛で、学生時代は早大応援部チアリーダーズの一員としても活躍。その後、地元の大阪に戻って小学校の先生として働いてきたが、昨年退職してしまった。

 どこかジム・モリス氏の経歴ともかぶるが、なぜ37歳で挑戦する気になったのか、藤田さんに聞いてみた――。

「子供が好きで、教諭という職業にもやりがいを感じていました。ただ、どこかで自分が人生から逃げているような気がしていました。学生時代、サンフランシスコ・49ersで活躍する安田愛さんらの姿に憧れ、自分もあの舞台に立ってみたいと思っていた。ただ、当時は『自分にはその実力がない』『どうせ私には受かりっこない』と挑戦する前から逃げてしまっていたのです」

 悶々としていた昨年、同じ1982年生まれの本田景子さんがジャクソンビル・ジャガーズのチアリーダーに合格したというニュースが飛び込んできた。シンシナティ・ベンガルズの山口紗貴子さんに至っては39歳での合格だった。

「この年になって、やらないで後悔するより、やって後悔する方がいいと気付きました。もちろん、教師を辞める時は両親は猛反対でした。NFLのトライアウトは2月末から3月ぐらいに行われますが、絶対に合格するんだという気持ちで挑戦してきます」

 記者が「もしダメなら?」と不謹慎な質問をすると、それでも藤田さんは「全力を出し切ってきます」と前しか向いていない。おばあちゃんになっても、「あの時に……」という愚痴は彼女の口からは出ないだろう。

 NFLチアリーダーは競争倍率10倍という狭き門だが、報酬は決して高くない。少し前、オークランド・レイダースのチアが待遇改善を求めて訴訟に踏み切ったが、報酬は1シーズンで1250ドル(約13万円)だった。NFLのチアリーダーはパートタイム扱いで、仕事や大学に通いながら行うのが一般的なのだ。

 夢をかなえるのに遅すぎることはない。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメント