(世界発2018)すさむ米の公教育 教室で雨漏り・昇給なく副業 教員らの抗議活動が拡大(朝日新聞デジタル)

雨漏りする教室。1990年代の教科書。副業をしないと暮らせない教員。米国で今、学校の惨状に抗議する活動が広がっている。10年前の金融危機で地方財政が傷み、公教育がしわ寄せを受けたためだ。
 (米オクラホマシティー=金成隆一)

 南部オクラホマ州の州都で4月、大勢の教員による抗議活動が起きた。
 高校の英語教諭、ロドニー・ウェバリングさん(37)。勤務校の年間予算は過去3年で25万5千ドル(1ドル=約109円)減った。「予算を獲得できたら雨漏り、床の傾斜の順で校舎を修繕したい」。雨の日は生徒がぬれないよう机の配置を変えている。……
本文:2,001文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD