【Excel】勝手に文字が修正される「オートコレクト」機能を無効にする(@IT)

プロフェッショナル・トリガーFX – プロトリFX -の口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:勝手に修正されて困る例(1) 例えば、「CNA」という文字をセルに入力する。確定前は「CNA」と表示されている。

対象:Excel 2010/2013/2016

 Excelで英文を入力すると自動的に先頭の文字が大文字になったり、「(R)」と入力すると「丸の中にR文字(Rマーク。登録商標を示すマーク)」に変換されたり、またURLが自動でリンクに設定されたりして困ったことはないだろうか。

ギャラリー:画像で見る「『オートコレクト』機能を無効にする方法」 全9枚

 もちろん、恥ずかしいスペルミスが修正されるなどのよい面もあるのだが、場合によっては商品コードが修正されてしまって、集計から漏れてしまうといった困った事態も招きかねない。

 例えば、仮に「CNA」という商品コードをセルに入力すると、勝手に「CAN」と修正される。このように英単語に似ているものの、異なるスペルの商品コードなどがあると、勝手に修正されて誤った商品コードとなってしまうわけだ。

 こうした自動修正機能は、「オートコレクト」と呼ばれ、ExcelやWordなどに実装されていて、デフォルトで有効になっている。ExcelやWordをインストールしたら、まずこの機能を無効化しておくのが無難だ。ここでは、その方法を紹介する。なお、ここではExcelを例に手順を紹介するが、Wordもほぼ同様の方法で無効化できる(オートコレクトの項目に違いはあるが、全てオフにするのがよい)ので参考にしてほしい。

いま、話題になっている・・・
プロフェッショナル・トリガーFX – プロトリFX -をご存知ですか?

その効果についてもですが、
グローバル・ロイズ株式会社さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

コメント