リハビリ本格開始の堀ちえみに元親衛隊員が“慟哭のエール”(日刊ゲンダイDIGITAL)

アメブロキャッシュの効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

酒匂 敏郎の
アメブロキャッシュが、
とても気になっているんですよね。

出典元:堀ちえみ(2017年「堀ちえみ35周年ライブ」には多くの親衛隊員が集まった)/(C)日刊ゲンダイ

「最初に病気のことを知ったときは、言葉も出ずにテレビを見て泣いてばかりいました……」

 タレントの堀ちえみ(52)の元親衛隊メンバー(53)日刊ゲンダイの取材にこう言って言葉を詰まらせた。

 ステージ4の口腔がんであることを公表し、先月22日に都内の大学病院で11時間に及ぶ大手術を受けた堀ちえみ。がんが転移した頚部リンパ節を除去し、舌の6割を切除。そこに太ももの組織を移植して舌を再生させた。26日には術後初めて本人がブログに登場し、こうつづった。

「意識が戻った時、先生方の顔が見え、『手術は無事に終わりました』と言って頂きました。先生方を始め、医療スタッフの皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです」

■激励の声やまず…

 26日以降、ほぼ毎日ブログは更新されている。首の抜糸をしたことや、点滴を終え、鼻から胃へチューブで栄養を流し込んでいる様子など、徐々に回復する様子が伝えられているが、まだ上手に声を出すことは出来ないようだ。ブログには連日、ファンからの応援コメントが数万単位で書き込まれている。

「ちえみちゃんがホリプロスカウトキャラバンで優勝した直後にファンレターを出したんですが、すぐに本人からお返事をいただきました。親衛隊に入ってからは、妹と一緒にコンサートで出待ち入り待ちをしたり、新幹線のホームで話しかけたりしましたが、彼女はいつも気さくに話してくれて、とてもファン思いなんです」(前出の元親衛隊メンバー)

 堀は今月7日には、本格的にリハビリを開始したことをブログで報告。内容は「言葉の練習と呼吸・嚥下の練習、顔と首のマッサージの仕方」。とろみ水やゼリーをのみ込む練習に苦戦を強いられているようだが、前向きにリハビリに取り組む様子がこうつづられている。

「右奥の残っている舌が、とても健気でね…もたつく新しい舌を、一生懸命に引っ張ってゼリーを追いかけて。そしてゴール(喉元へ)に向かって、シュート!(中略)これから嚥下の練習は毎食ごとにあります。楽しみながら乗り切っていきたいと思います」

 元親衛隊員はこう語る。

「手術して2週間、大変なはずなのに、ブログを更新してくれて、頑張ってる様子がすごく伝わってきて少し安心しました。無理せず、焦らず、マイペースで頑張って欲しいです。また元気になったちえみちゃんが戻って来るのを楽しみにしています……。フレーフレー、ちえみ!」

 ファンは回復を心待ちにしている。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメント