「超軽量」VPNを試してみよう、フレッツIPv6オプションで(@IT)

株式会社グローリーのホビー&ヲタ系せどりコンプリートマニュアル Amazonマケプレ、メルカリ、ヤフオク!等対応 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社グローリーの
ホビー&ヲタ系せどりコンプリートマニュアル Amazonマケプレ、メルカリ、ヤフオク!等対応について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:超軽量の仕組み

インターネット接続サービスでは、IPoE(IP over Ethernet)による高速化が話題になっている。

【「超軽量VPNの構成例」を画像で見る】

 従来はインターネットと「フレッツ 光ネクスト」(フレッツ)の接続点に終端装置を置き、PPPoE(Point-to-Point Protocol Over Ethernet)トンネルを確立していた。だがこの手法では速度低下が著しくなっている。原因は終端装置自体が混みあっていること、終端装置とインターネットの接続帯域が広くないことだ。

 これに対してIPoEはトンネルを使わず、IPv6によるレイヤー3ルーティングで接続するため終端装置がいらない。フレッツとインターネットの接続部分の帯域幅も広帯域であることから速度アップが期待できるのだ。

 IPoEという言葉は何か新しい技術であるかのように聞こえるがそうではない。企業のイントラネットではイーサネットでIPを使うのは当たり前だが、それがIPoEである。フレッツではIPパケットがイーサネットでフレッツ網に入り、フレッツ網内ではIPv6でルーティングされる。それだけのことである。

 このような理由で、インターネット接続サービスに使えるだけでなくIPoEを使った閉域VPN(Virtual Private Network)が構築できるのだ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメント