日清食品グループ、リクルートテクノロジーズ、LINEは運用管理の現場をどう変えたのか(@IT)

6つの条件を確認する投資法「株式投資錬金術」の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

(株)新日本情報システムの
6つの条件を確認する投資法「株式投資錬金術」が、
とても気になっているんですよね。

出典元:日清食品ホールディングス 執行役員 CIO グループ情報責任者 喜多羅滋夫氏

いま運用管理者には難問が突きつけられている。デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が、運用管理者に「ビジネスへの寄与」という新しい価値を強く求めているためだ。だが、市場やビジネス側の要請に、柔軟かつスピーディーに応えようとしても、目前には複雑化、大規模化したインフラと、日々の煩雑な業務が立ちはだかる。では一体どうすれば「ビジネスへの寄与」を果たすことができるのか――。

【画像:運用管理の現場の課題】

 そうした問題意識の下、@IT編集部は2018年12月12日、セミナー『いかに「コストセンター」「不要論」の汚名を返上するか 求められる運用管理者、消えていく運用管理者を分かつもの』を開催した。

 セミナーの基調講演には「武闘派CIO」(最高情報責任者)として知られる、日清食品ホールディングス 執行役員 CIO グループ情報責任者の喜多羅滋夫氏が登壇。また、リクルートテクノロジーズの永峰翔氏と、LINEの木村智洋氏が、運用管理の課題をどう捉え、新しい潮流やテクノロジーとどう向き合っているのかをユーザーの立場から紹介した。当日の模様をお伝えする。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメント