セクハラ、女性議員苦悩 朝日新聞社アンケート 統一地方選(朝日新聞デジタル)

株式会社天空の生命保険アフィリエイトサイト向け記事テンプレートと図解セットパックby広告素材.COMインフォトップ出張所 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社天空の
生命保険アフィリエイトサイト向け記事テンプレートと図解セットパックby広告素材.COMインフォトップ出張所について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:セクハラ被害の回答例

当選1回の女性地方議員に朝日新聞社が行ったアンケートで、4人に1人が議員活動の中でセクハラを受けたことが「ある」と答えた。同僚議員によるセクハラだけではなく、「応援」や「相談」と近づいてくる有権者による被害の訴えも目立つ。中には、議員活動を控えるほどに追い込まれたケースもある。▼1面参照

 ■SNSを通じ
 当選から半年ほどたつと、「辻立ち」がゆううつになってきた。
 静岡県内の40代の女性市議は週に1度、駅前や街頭に立ち、市民の声を聞く日を決めていた。「今日は○○に行きます」。自分を知ってもらおうと、SNSで活動を「実況」するスタイルをとっていた。……
本文:2,073文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメント