数年前から“終活”も 萩原健一さんの知られざる闘病生活8年(日刊ゲンダイDIGITAL)

高井 透の30minutes-1日30分、スマホで副収入。 口コミが怪しい

最近、話題になっている

高井 透の
30minutes-1日30分、スマホで副収入。って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:萩原健一さん(C)日刊ゲンダイ

GIST(消化管間質腫瘍)のため、26日に都内の病院で亡くなったショーケンこと俳優の萩原健一さん(享年68)は昨年5月、22年ぶりのシングル「Time Flies」をリリースするなど、精力的に活動していたようにも見えた。が、実際には「2011年から闘病を続け、ここ1、2年はドラマ出演のオファーも、ほとんど断っていた」(芸能ライター)という。仕事を減らし始めたのと前後して、生活も徐々に“簡素化”していたようだ。

「かつては横浜の一軒家で暮らしていましたが、病気のこともあってか、数年前に駒沢公園の一軒家に、最近は近所のもう少し狭い高級マンションに引っ越して、理加夫人(モデルの冨田リカ)と暮らしていました。そこから最寄りの病院にタクシーで通うのが、ショーケンの日常だった」(前出の芸能ライター)

 萩原さん本人の強い希望で病名の公表を控えていたが、闘病生活については昨年暮れごろから周囲に漏れ始めていた。

「局の上層部は萩原さんに出演のオファーをしろと言うんですが、萩原さんの方から断ってきていました」(ある演出家)

 それで「ホッとしていた」と話すドラマ制作関係者もいたという。

「ショーケンは、必ずと言っていいほど脚本や役柄をめぐり揉める。いい意味でも、悪い意味でも面倒くさい役者。裏を返せば、こだわりの強い、すごい役者です。とはいえ、撮影があると、今度はギャラで揉めることも多かった。それで、現場はなるべく摩擦を避けようとしていたんです」(前出の演出家)

 4度の結婚、4度の逮捕とハチャメチャだけど、8年にわたる闘病を最近まで人に知られず、“お別れの会”も拒否した萩原さん。らしいと言えば、らしい。

「横浜の自宅まで取材に出かけた記者は、ショーケンに何度か殴られたこともあったそうです。今ではそれが勲章みたいなものですよね」(前出の芸能ライター)

 Time Flies……。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

高井 透さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

コメント