Googleがゲームストリーミングの「Stadia」発表、「データセンターがプラットフォームだ」(@IT)

Catch the Product Launchの効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

Catch the Web Asia Sdn Bhdの
Catch the Product Launchが、
とても気になっているんですよね。

出典元:スマホでもChromeでストリーミングゲームを楽しめる

Googleは2019年3月19日(米国時間)、ゲーム開発者向けのカンファレンスを開催し、新たなゲームストリーミングプラットフォーム「Stadia」を発表した。2019年中に、米国、カナダ、英国、欧州で提供を開始するという。

【画像:ゲームストリーミングプラットフォーム「Stadia」】

 Stadiaでは、ゲームをプレイするのに必要なのはWebブラウザ(当初はChromeブラウザ)のみ。PC、タブレット、スマートフォン、Chromecastで、クロスプラットフォームのプレイができるという。

 誰でもゲームが簡単に楽しめるようにするのがStadiaの目的の一つ。YouTubeやURLからクリック一つでゲームを即座に開始できる。ゲームに必要なソフトウェアをダウンロードする待ち時間はない。URLだけでユーザーをゲームにアクセスさせられるため、ゲーム企業にとって「インターネット全体がストア(販路)になる」ともいう。

 当初は4K解像度、60fps、HDR、サラウンドに対応、将来は8Kにも対応する。また、当初は数百、将来的には数千のプレイヤーをつなぐマルチプレイヤーゲームも動かせるという。

 さらに面白い機能は「State Share」。プレイヤーがゲームの「ステート(状態)」、つまり場面やプレイヤーの位置、インベントリ(武器やポイントなど)を簡単にまとめてURL化し、誰にでもシェアできるというもの。これをクリックすることで、他の人が同じ場面を追体験するなどができるという。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメント