成長戦略素案で暮らしは?「自動運転で快適通勤」「煩雑な作業はAIまかせ」「プログラム教育を強化」(産経新聞)

政府が4日素案を示した成長戦略が実現すれば、働き方や日常生活もより便利になりそうだ。第4次産業革命による技術革新で、未来の暮らしはどう変化するのだろうか-。

 20××年。大手電機メーカーに務める40歳の会社員、A子さんは、同じく会社員の夫と小学5年生になる息子の3人暮らし。

 「昔は満員電車に揺られていたが、本当に通勤が楽になった」。A子さんはしみじみとつぶやいた。

 朝、A子さんは夫と息子を見送ると、スマートフォンのアプリで、通勤に使う自動車を呼び出す。自動運転のため、車内テレビでニュースなどもチェックできる。交通データはインターネットを通じて管制されており、事故も少なく渋滞からも解放された。

 会社に着くと、早速、テレビ会議。ネットで世界中とつながり、中国人の同僚が画面越しに「新しい事業は順調ですか?」と人工知能(AI)が自動翻訳した日本語で問いかけてきた。A子さんが「順調です」と答えると、瞬時に自動翻訳されて先方に伝わる。

 資料作成など煩雑で単純な作業はAIやロボットがやってくれる。仕事が効率的になり、A子さんは「そういえば残業もしなくなった」とふりかえる。

 A子さんが定時に家に帰ると、すでに帰宅していた夫が、かかりつけの医者とパソコンの画面越しに話していた。高脂血症を気にしている夫は以前は週に1回通院していたが、今はネットによる遠隔診療で「通院回数を減らせた」と喜んでいる。ビッグデータを基にした医師を支援するシステムも普及し、診断も的確になった。

 家族3人そろっての夕飯。最近の話題はもっぱら息子の教育問題だ。大学入学共通テストでは、プログラミングなどの「情報I」が科目として追加された。AIを使いこなす人材は国際的な争奪戦で、A子さん夫婦の関心も高い。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD