森友文書改竄 「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」以来の大型不祥事 処分内容は当時を下回る(産経新聞)

公文書改竄が発覚した財務省の不祥事は、前身の大蔵省での「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」と呼ばれた接待汚職事件以来の大型不祥事とされる。一方、今回の問題での大臣の責任の取り方や関わった職員の処分規模は、当時を大きく下回る内容となっている。

 平成10年の大蔵省の接待汚職事件では、大蔵官僚が銀行など金融機関のMOF担(大蔵省担当者)から過剰接待を受けて収賄容疑で逮捕され、複数の自殺者を出した。当時の三塚博蔵相や小村武大蔵事務次官が引責辞任し、銀行局担当の審議官が免職に次いで重い停職(4カ月)となった。このほか減給17人、戒告14人なども含め、合計112人が処分された。

 一方、今回の問題では逮捕者は出ていない。麻生太郎財務相は閣僚給与を自主返納するとしつつも続投を明言。処分では改竄を主導した佐川宣寿前国税庁長官が停職3カ月相当となるなど、計20人が対象となった。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

スポンサーリンク
AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD