故内田裕也さんのROCK葬 愛された究極のトラブルメーカー(日刊ゲンダイDIGITAL)

株式会社音風館のランディングページ簡易作成ツール『LPナビ』 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社音風館の
ランディングページ簡易作成ツール『LPナビ』について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:内田裕也さんの告別式。左は喪主の也哉子さんと夫の本木雅弘(代表撮影)

「安らかに……」という言葉がこれほど似合わない人もいないということか。

 先月17日に肺炎で死去した内田裕也さん(享年79)のお別れの会「内田裕也Rock’nRoll葬」が3日、青山葬儀所(東京都港区)で営まれた。映画・テレビ・音楽など芸能関係者と親族約950人が弔問に訪れた。

 トップで弔辞を読んだタレントの堺正章(72)が、「私たち後輩にとっては良き手本でもあり、悪しき手本でもありました。その悪しきの中に魅力がたくさん詰まっていたような、今思い返すとそんな気持ちになっています」と言えば、続く映画監督の崔洋一(69)は「裕也さん、安らかに眠るな。荒ぶる魂を永久に我らに」と締めてみせた。その後、弔辞に立ったミュージシャンの鮎川誠(70)は「ステージではいつでも飛び入り歓迎です。ありがとうロケンロール!」と決めた。

 喪主である実娘の内田也哉子さん(43)が謝辞を述べたが、そこでは「私の知りうる裕也は、いつ噴火をするかわからない火山であり」「半世紀近い婚姻関係の中、折々に入れ替わる父の恋人たちに……」「2人(裕也と妻の樹木希林)を取り巻く周囲に、これまで多大な迷惑をかけたことを謝罪しつつ……」などの言葉が並び、最後は「Fuckin’YuyaUchida,don’trestinpeacejustRock’nRoll!」と締めてみせた。

 その後、囲み取材に応じたミュージシャンの美勇士(37)は英ロックミュージシャン、ジミー・ペイジと対談した際に、裕也さんがケンカをしだしたエピソードを披露。

 裕也さんと同世代の歌手の尾藤イサオ(75)は、一緒にビートルズ来日公演の前座を務めた際、「オレは前座じゃない。共演してやったんだ」と裕也さんが語った話を披露した。

■娘婿の本木は「美談になり過ぎてる」

 也哉子さんの夫である本木雅弘(53)は、「美談になり過ぎてるなと思うところもありますが、私たちのようなヤワな時代に生きているものには分かりえない凄みを感じます」と答え、「この会の様子を見て裕也さんはどう思ってると思うか」の問いに対して「“いろいろ迷惑かけたけど、みんなうまくやってくれ。よろしく!”とか言ってるかな」と答えた。

 多くの芸能人が、いささかうれしそうにかつて経験した裕也さんの破天荒なエピソードを語り「安らかに眠ることなく、天国でもロックし続けて欲しい」という趣旨の発言をしたのだった。ワイドショー芸能デスクはこう話す。

「参加者はみな、裕也さんのめちゃくちゃな言動で迷惑を被っているんですよ。裕也さんの近くにいると必ずと言っていいほどハプニングが起こる。トラブルメーカーではあったけど、陰湿さはなくて、喜怒哀楽をムキ出しにしているだけなので、誰かに話したくなるエピソードになるんです。なんだかんだで愛されていたんだと思います」

 多くの人を怒らせ、泣かせ、迷惑をかけ、それでも愛されたロックな79年だった。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメント