田中律子は独立しフリーに “バラドルの時代”は平成とともに去りぬ(日刊ゲンダイDIGITAL)

ハウスクリーニング独立開業マニュアル(基礎編)の口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:田中律子(C)日刊ゲンダイ

タレント田中律子(47)が35年所属した芸能事務所「ボックスコーポレーション」からの独立を発表した。「新たな気持ちで共に過ごして来た現在のマネージャーと力を合わせ、更に、精進していく所存です」とSNSでコメントし、今後は現マネジャーとともに活動していくという。

 昨今は女子アナがテレビ局から独立しフリーになるパターンが続いているが、タレントも所属の芸能プロからの独立が時流なのだろうか。スポーツ紙芸能記者が言う。

「ボックスからは、石田ゆり子さんが妹のひかりさんと共に独立し、設立した個人事務所で社長兼タレントとして成功されています。キャリアを積み、実力も世間の知名度も十分あれば、ご自分でやってみたい。もちろんリスクはあるでしょうけど、うまく軌道に乗せれば、ギャラは丸ごと自分たちのところに入ってくるし、やりたいことをやれる。田中もそうした背中を見ているのでしょうし、待ち、ではなく、攻めの姿勢では」

 田中は歌に女優にエッセーにと幅広く活躍してきた。90年代にはTBS系「王様のブランチ」の女性初の司会を務め、森口博子(50)、井森美幸(50)、松本明子(52)、山瀬まみ(49)らとともにバラドルと呼ばれたことも。

「昨今はテレ朝系バス旅番組で徳光和夫のパートナーかつ世話役をこなし、お茶の間に親しまれている田中さんですが、バラエティーだけで見ると、お笑いやママドル、グラビア系が主流で、ひと世代も二世代も下が席巻している。まあ平成バブルとまではいかなくとも、当時はCMのオファーも今に比べればたくさんあり、ギャラもよかったはず。その平成も終わるし、これまでと同じではなかなか芸能界も食べていくのが難しくなってきた時代と言えるでしょう」(前出のスポーツ紙記者)

 田中はエッセー集「キャンプで逢いましょう」もあるアウトドア派で知られ、ダイビングのインストラクターや沖縄のサンゴを守るNPO法人での活動にも積極的。独立後はサーフィンとヨガを組み合わせた「サップヨガ」の普及にも努めていくと伝えられる。

 田中と同世代の俳優、吉田栄作(50)も30年所属した大手芸能プロ「ナベプロ」から2018年をもって独立。週刊女性によると、吉田は個人事務所を設立しアパレルにネット通販、飲食、ジム運営などの事業にも手を広げる考えでいるというから、縮小傾向にある芸能ビジネスからの転換期とみているのかも知れない。

 テレビ業界では、テレビ局から退社し独立、フリーになる女子アナが続いている。終身雇用など有名無実化した現代は、新卒サラリーマンの3人に1人が3年以内に辞めていく時代。そうした波が芸能プロと所属タレントとの関係にも押し寄せているのだろう。平成の時代を思い出して「あの頃は良かった」とならなければいいが……。

いま、話題になっている・・・
ハウスクリーニング独立開業マニュアル(基礎編)をご存知ですか?

その効果についてもですが、
木末 尊さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

コメント