11年ぶり歌番組に 酒井法子は“更生芸能人”で再旋風なるか(日刊ゲンダイDIGITAL)

Catch the LINE@をつくったCatch the Web Asia Sdn Bhdの真実!ネタバレとレビュー

Catch the Web Asia Sdn Bhdさんがつくった
Catch the LINE@がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:酒井法子(C)日刊ゲンダイ

3月27日放送のテレビ東京系「THEカラオケ★バトル」に出演した酒井法子(48)。大ヒット曲「蒼いうさぎ」を手話付きで熱唱した。脚は折れそうなほど細く、長い髪は艶やかで、ベビーフェースも健在。アラフィフとは思えないほどに可憐なたたずまいだった。

 歌う前には「がんばるピー!」と、満面笑みだった酒井。地上波で歌うのは実に11年ぶりのことで、はしゃぐのも無理はないが……。

 ネット上は〈のりピー、衰え知らず〉〈変わらないな、生粋のアイドルだ〉という称賛の声が上がる一方で、〈きれいだけど、どうしても薬物がチラつく〉〈子ども置いて逃げた人にけなげな歌を歌われても……〉と賛否両論、真っ二つだ。

■中国での人気にはかげりが

「日本は薬物を使用した芸能人に優しいんだなと思いました」と話すのは、都内の広告代理店に勤務する中国人OL。

 酒井は中国で絶大な人気を誇り、ウェイボー(中国版ツイッター)のフォロワー数は約12万人と日本でも報道されているが、実は以前ほどの人気はないそうだ。

「確かに『星の金貨』や『ひとつ屋根の下』が放送されていた頃は、中国でも大人気でした。でも薬物報道以降は、もう当時の人気はありませんよ。中国は、薬物使用や事件を起こした芸能人に対して日本よりも厳しい。『更生したから芸能界に復帰します。地上波に出ます』なんて世論が許さない。あの国民的スターだったファン・ビンビンといえども、脱税事件のせいで、今もほぼメディアに出られない状況が続いています。『のりピーは日本人だし』と割り切る中国人もいますが、中国人がみんな彼女に好意的かのように報道されるのはちょっと……」と複雑な表情を浮かべる。

 芸能ライターのエリザベス松本氏はこう言う。

「最近の酒井さんはディナーショーに積極的なようで、今年5月にも東京・八王子で開催されます。チケットはS席で2万3000円。今回の復帰には厳しい声が多かったのですが、『更生したんだし、応援したくなる』という声も少なくありません。酒井さんとしても手応えを感じているのでは?彼女が出演すると、良くも悪くも話題にはなりますから」

 在京キー局関係者も「視聴率欲しさに酒井を起用する局も、ぼちぼち出てくるかもしれませんね」と口をそろえる。

 折しもピエール瀧容疑者や新井浩文被告の逮捕で「芸能人の更生と復帰」が議論されている今日この頃。酒井は“更生芸能人”として、再び世間に“のりピー旋風”を巻き起こすことができるか。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメント