DA PUMP、さらに加速…不遇に耐えて平成最後に返り咲きも「これからだと思っています」(スポーツ報知)

30minutes-1日30分、スマホで副収入。のネタバレと体験談

高井 透の
30minutes-1日30分、スマホで副収入。が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:再ブレイクを果たしたDA PUMPの(前列左から)KIMI、ISSA、DAICHI、(後列同)TOMO、KENZO、YORI、U―YEAH

昨年、「U.S.A.」がダサかっこいいと話題になり、再ブレイクした7人組ダンス&ボーカルグループDA PUMPが最新曲「桜」を発売した。メンバーの入れ替わりが激しく、3年半以上新曲がリリースできないこともしばしば。不遇の時を経て9か月ぶりに新曲を発表。さらに、東京・日本武道館公演の切符をつかみ取り、DA PUMP旋風がさらに加速しそうだ。(聞き手・畑中 祐司、水野 佑紀)

【写真】DA PUMP「U.S.A」で紅白の会場一体に

 長い冬が明け、春が訪れた。だが再び脚光を浴びてもISSA(40)の表情は硬く、地に足がついていた。
 先月、最新曲「桜」を発表。7人体制になり、3年半ぶりに発売した「New Position」(14年)、さらに3年半ぶりの「U.S.A.」に次ぐ3枚目のシングル。前回からわずか9か月でリリースにこぎつけた。ISSAは「コンスタントに新曲を出したいとずっと思っていた。これまでやってきたことは無駄じゃなかった」と喜ぶ。

 「生涯ファビュラス」といった独特な歌詞など前作の世界観を踏襲しつつ、和テイストな一曲となった。先月都内で行われたリリースイベントには、昨年6月の「U.S.A.」時より約1000人多い3000人が集結。枝垂れ桜をイメージした「サクラフィンガー」という振り付けをまねるファンもいた。衣装は3パターンとなり、フィッティング回数も増えた。DAICHI(30)は「これまでは一張羅だったのでいろんなバリエーションの衣装を着られるのは毎日違った雰囲気で踊れるのでワクワクします」と満面の笑みを浮かべる。

 前作の社会現象化は言うまでもない。92年のユーロビートのカバーで、独特な歌詞や衣装、親指を立てる「いいねダンス」などが「ダサかっこいい」と話題になった。日本レコード大賞の優秀作品に選出され、YouTubeの再生回数は1億7000万回を突破した。世間から熱視線を受けた中での次の一手にISSAは「やっと7人でやっているんだってことを知ってもらった。これからだと思っています」。スタート地点に立ったことを冷静に強調する。

 一方、新メンバーは初めてヒット曲を経験した。DAICHIは加入当時、「街を歩けなくなるかなと思ったら、あれ?って」と知名度の低さを思い知った。昨年下半期からはバラエティーなどテレビ番組に出演する機会が増え、年末には紅白歌合戦に出場。16年ぶりにやっと思い描いていた状況を迎え「見られる機会が増えたからか、みんな輝いてくるんですよ」。KIMI(35)も「ダンスや歌だけじゃなく、しゃべらなくちゃいけない。最初のうちはテレビに出ると『ワイプ抜かれているからもっといい顔してください。みんな顔が死んでます』って言われました。普段からいろんなところから盗んで勉強しなくちゃ」とうれしい悲鳴を上げた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメント